シド工日記 (しどこうにっき)

仏師の流れをくむ彫刻一家にたまたま生まれ、私自身は5代目の彫刻家です。田島享央己(たじま たかおき)と申します。美術界の「フチ」にかろうじて手をかけている者ですので、どうかご存知のない方はこれを機会に覚えていただけると嬉しいです。

個展顛末よもやま噺

個展が終了してアトリエに帰ってきた作品たちです。


IMG_1224.jpg


おかげ様で沢山来ていただいて、沢山買っていただけました。

本当にありがとうございました。





以下、展覧会の様子です↓

IMG_1198.jpg

IMG_1203.jpg


IMG_1204.jpg


IMG_1211.jpg

IMG_0052.jpg


IMG_0053.jpg


IMG_1174.jpg


IMG_1175.jpg


IMG_1185.jpg


IMG_1188.jpg


IMG_1193.jpg


IMG_1194.jpg


IMG_1195.jpg


IMG_1461.jpg








次回の個展は来年です。

また同じ時期に今度は銀座で開催します。

2014年11月24日(月)~11月29日(土)

11時~19時(最終日17時まで)

場所は、銀座一丁目駅より徒歩3分 GALERIE SOL です。



















































そんなこんなで。






ひとつ前のブログに載せきらなかった新作をご紹介↓






























猫に蛸。

IMG_0872.jpg


胴巻きです。

IMG_0873.jpg

今回、猫をたくさん作りました。

IMG_0882.jpg



ゴリラ。天狗。ウサギ。

IMG_0918.jpg


天狗は幼稚園児です。

IMG_0919.jpg


IMG_1098.jpg












サンタとトナカイ。マリオネットも作りました。


IMG_0899.png



疝気の虫(せんきのむし)と言います。

IMG_0959.jpg




動画はコチラ↓




こちらは色塗り前の仮組状態のダンスです↓





























福助のポーズをするサンタとトナカイです。

IMG_0988.jpg


IMG_0992.jpg


IMG_0993.jpg





IMG_0989.jpg


IMG_0990.jpg



馬頭観音に謝るサンタたち。パンツは赤です。

IMG_0991.jpg





















ところで、キリスト像ですが…

いや、これは磔刑ちゃんと言いますが


IMG_0440.jpg



田島家三代に渡る彫刻家が、

キリストモチーフをそれぞれ作っています。







































祖父 田島亀彦作。

20120831135631076_201312251301429ea.jpg

僕の作。

こういう写真は、必ず手がこんなですから僕もやります。
IMG_1264.png

父、田島義朗の1960年代の作品。抽象彫刻華やかなりし頃です。
IMG_1459.jpg



それぞれしっかり時代を映していて面白いです。

IMG_1460.jpg









コウモリちゃんも作りました。

IMG_1042.jpg


IMG_1043.jpg


IMG_1173.jpg





















木彫マリオネットの疝気の虫。


IMG_1027.jpg

等身の女性像と比べると大きいのが分かります。

IMG_1028.jpg



ハシビロコウも作りました。


IMG_1122.jpg


これも大きなものです。

IMG_1121.jpg


招き猫です。

IMG_1090.jpg


仏頂面の招き猫。

IMG_1093.jpg


わりと大きめです。

IMG_1120.jpg


IMG_1132.jpg


足の長い鳥。

IMG_0998.jpg



態度の悪いシロクマです。

IMG_0994.jpg


IMG_0995.jpg


IMG_0996.jpg


実は鳥を気遣って空気肘掛をしていたシロクマ。

IMG_0997.jpg


IMG_1457.jpg


IMG_1261.jpg



パンダ。フランケン。フクロウ。

IMG_1073.jpg




手のひらサイズです。

IMG_1065.jpg


IMG_1069.jpg


IMG_1070.jpg


IMG_1092.jpg


IMG_1130.jpg


IMG_1133.jpg




人魚ちゃん。半笑いの犬。

IMG_1015.jpg


IMG_1017.jpg


IMG_1018.jpg


IMG_1134.jpg





エビフライちゃん。

IMG_0031.jpg


IMG_0015.jpg



IMG_1331.jpg


IMG_1377.jpg

IMG_1364_2013122513551988b.jpg


お寿司ちゃんを作りました。


IMG_1404.jpg


IMG_1408.jpg


IMG_1410.jpg


IMG_1412.jpg


IMG_1413.jpg



うつ伏せはこうです。

IMG_1421.jpg



一休さん。


IMG_0033.jpg


馬。

IMG_0038.jpg


IMG_0036.jpg



IMG_0037.jpg





IMG_1451.jpg































 




































 そんなこんなで、話は変わります。





御縁がありまして、高校生に彫刻を教えることがあります。



















女の子ですから刃物を持たせるのはヒヤヒヤしますが、

臆せずキャッキャキャッキャ楽しくやってくれます。




以下、生徒作品↓
























IMG_9054.png

IMG_1237.png

IMG_1456.jpg

IMG_1455.jpg









若い子には、「彫刻」という言葉が、小難しくてつまらないイメージがあるようです。




















「先生、やってみたら凄い楽しかったよ!」













と、言ってくれた生徒が、こう続けました。










「先生、彫刻っていう言い方がつまらなそうだよ!」


「先生、呼び方変えた方いいよ!」


































僕は、この生徒に後頭部をノミで叩き彫られ少ない脳味噌を掻きだされたような衝撃を受けました。






















つまり、

こんな楽しい彫刻なのに「彫刻」という古風でカタい感じの響きで損をしていると言うのです。













なるほどその通りです。



「彫刻」という漢字の表記もいかにも偉そうでいけません。

「彫刻家」なんて、もっといけません。









僕は家に帰って妻に

この話をしました。













「これこれこれこれこういうわけなんだよ。」


と、一部始終を話しました。














































何か 「彫刻」 「彫刻家」 に変わる呼称のアドバイスをしてくれると思いました。




思いましたが、

妻はまず、僕が「先生」などと呼ばれているのが気に食わないらしく、こう言いました。














































「ナニが「先生」だ!松の木におじやぶちまけた様なツラしやがって!このカッパ節が!」





































いやに伝法な口調の啖呵は僕のせいです。

僕が講談や浪曲や落語を聴かせたせいですが、言われてみると本当に辛いです。






























今日の妻は舌の調子が良いようです。続けてこんな小言が飛んできます。






































「おう、先生よ。こないだシスコーン買って来てって言ったのに、なんでケロッグ買って来たんだよ!この間抜けめ!」























僕が今、一番気にしていることを言われました。



あんなに謝ったのに蒸返されムカッとしましたが、

ここで怒るようじゃぁ彫刻家にはなれません。

小言が止んだのを見計らって逃げ出します。































僕は一人で若者にも受け入れられる「彫刻」と言うモノを考えます。



彫刻芸術は民衆のモノです。



ですから、間違えて買ってきたケロッグを食べながら考えます。








































僕は、「はじめまして。彫刻家の田島享央己です。」


と、名刺を渡すことが多いので


その名刺の裏に印刷する自己紹介文を

若々しい感性と瑞々しい文章で書いてみました。


これなら若い人にも、すんなり受け入れてくれそうです。


















多少、やわらかい文章ですが、みごとに現代を盛り込んだ名文だと自負しております。↓



































































ァタシゎ、ちょぅこくか☆彡

もうすこしで、ょんぢゅぅいっさぃダョ☆〜(ゝ。∂)
ァタシで、ごだぃめの、ちょぅこくかダョ☆(ゝω・)vキャピ

ぃっも、ァタシゎ、クスノキぉ、ノミとげんのうぉ、っかってほりほりしてるョ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

「ちょぅこくヵ」ッて、ヵたッくるしぃヵら…、(´・Д・)」 ぃぃヵたぉ、ヵぇるョ☆〜(ゝ。∂)

きぉ、ノミで、ほりほりするヵら…、、

「ノミノミほりっし〜」ゎどぅ?
(((o(*゚▽゚*)o)))

ぉヵしぃ?
ァタシゎべつに
ぉヵしぃとぉもってなぃしぃ☆彡

マジぃぃんぢゃね?*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
マジにんきでるんぢゃなぃ?
(ゝω・)vキャピ


でも……
ヵんがえるのゎ、もぅつヵれちゃった☆彡 …( ´Д`)y━・~~
でも……
ぁきらめるの ゎょくなぃってァタシゎ
ぉもって、がんばったョ。
・°°・(>_<)・°°・。
でも……
げんのうで、ゅびぅっちゃって…ネイルわれてイタイょ……もぅダメ
ゴメン……
。・°°・(>_<)・°°・。

でもぉ、うちゎ、マヂでちょぅこく楽しぃしィ、
「ノミノミほりっし〜」として
これからも、がんばるっし〜☆〜(ゝω・)vキャピ















































































今日も来てくれてありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。



            ノミノミほりっし~ 田島享央己
スポンサーサイト
  1. 2013/12/25(水) 16:15:00|
  2. 彫刻作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シドロモドロお彫刻教室の門弟を募集中です。 | ホーム | 個展のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shidokou.blog20.fc2.com/tb.php/95-49cc31c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)