シド工日記 (しどこうにっき)

仏師の流れをくむ彫刻一家にたまたま生まれ、私自身は5代目の彫刻家です。田島享央己(たじま たかおき)と申します。美術界の「フチ」にかろうじて手をかけている者ですので、どうかご存知のない方はこれを機会に覚えていただけると嬉しいです。

デッサンから彫刻が出来るまで

 僕は、苦労してこの一枚のデッサンを描きました。
























IMG_4146.jpg
 






この人の肖像を頼まれたからです。↓


IMG_4145.jpg




この人は、昔、インドで按摩さんをなさっていた偉い方だそうです。


今に伝わるタイ古式マッサージの家元なんです。












『タイマッサージの創始者は、今から約2500年前の時代を

お釈迦さんと共に生きていた インド人のシヴァカ・ゴーマラバット師とされているそうです。

彼は お釈迦さんの主治医であり、当時サンガ(仏教僧の集団)の筆頭医師として活躍していました。

彼の伝説は、現存する様々な仏教文献に残されています。』









この、インドの按摩の親方の肖像を注文していただいた方は、

東京、中目黒でサルビア・サルワーレというタイ古式マッサージのお店をやっている方です。


店内風景↓

IMG_1954.jpg


タイ古式マッサージをお客さんに施術するお部屋に飾って頂けるそうです。

IMG_1955.jpg













そんなこんなで、冒頭に出てきた

このデッサンを描いたわけです。

IMG_4146.jpg




しかし、僕は

どうしても『手』の動きとフォルムに納得が出来ません。

どうも気に入らない。 モヤモヤします。


























あとは、完璧です。

足といい、顔といい、全体の雰囲気といい、非の打ち所がありません。
























そこで僕は、『手』の部分だけ、

何べんも何べんも、描いて試行錯誤をするのです。




IMG_4148.jpg



ただ一つの真実の線を見つけるために、全神経を集中させます。

自分が線を描くのか、線が自分を描くのか、という造形の極地であり

『色不異空、空不異色』という禅的な境地でもあります。














IMG_4150.jpg

























IMG_4149.jpg

途中で、我を忘れて『ピース』の練習をしてしまいました。





























こんな話があります。















昔、高名のお相撲さんが連勝の記念に、これまた高名の画家に絵を一枚描いて欲しいと頼んだそうです。


画家は引き受けたが、いつまでたっても絵が出来てこないので、しびれを切らし


何度も催促して、やっと出来てきたものを見たところ



大きな画面に、弓が一張り描いてあるだけだったそうです。



お相撲さんのガッカリとした表情を見て、画家はアトリエにお相撲さんを案内する。



すると、そこにはうずたかくつまれた弓の習作がある。



画家は、ピンと張った弓の糸を表現する一本の直線を引くために、


何年もかけて無数の習作をなさねばならなかったのです。


それを見てお相撲さんは感激し、その一張りの弓の絵をおしいただいて帰ったという話があります。































































































これは是非、僕もやってみたい。



















ですから、こうやって『手』の習作をかさねているのですが、


いつまでたっても依頼主が殴りこんでこないので困っています。






































『手』の造形について色々考えて描いているうちに

わけが分からなくなってきます。


彫刻の『手』のポーズさえ考え直さなければいけない気がしてきました。



















これはもう、



いっかいチャラにして、色々なポーズで『手』をバッチリ描いて研究しなければダメです。



































IMG_4147.jpg














『手』を描いてみて、僕は何かを掴んだ気がしました。



















そこでまた、インドの按摩さんの全身像をデッサンしてみます。


















































IMG_4151.jpg




完璧です。

























習作を重ねたお陰で、手の表情がビシッと全体と調和しています。













すごい完璧です。








































やっと、木にデッサンができましたが、

IMG_4152.jpg

『依頼主の殴りこみからの習作見せ&感動』はおじゃんになってしまいました。















ノコを入れて、余分なところを落としていきます。

IMG_4153.jpg



さらに、チェーンソーやノミで大まかに落としていきます。

IMG_4154.jpg




「あんたこれインドの偉い人でしょ?」と妻は心配していましたが、

IMG_4155.jpg

昔の人だから、もう身寄り頼りも居ないし苦情の心配はありません。





































ノミでさらに彫っていきます。形が出てきました。

IMG_4156.jpg



細かい部分も彫りつつ、形を滑らかにしていきます。
IMG_4176.jpg



だいぶ出来上がってきました。
IMG_4177.jpg




目に穴を開けておいて、彫りは終了です。
IMG_4193.jpg



















以前彫ったコウモリちゃんの注文を受けていたので、そちらも彫りが終了です。

オリジナルのコウモリちゃんについてのブログ記事です。↓
                            コウモリちゃん


IMG_4172.jpg

IMG_4175.jpg















タイ古式マッサージくんに着色していきます。





最初はベースに白を薄く塗ります。
IMG_4194.jpg




ブルーをかけて。
IMG_4195.jpg



着物に黒を塗ります。
IMG_4196.jpg





ちょっと赤みをかけて。
IMG_4197.jpg



着物に金を塗ります。
IMG_4198.jpg




黄色を薄くかけて。
IMG_4199.jpg




着物を赤くします。
IMG_4200.jpg








肌色を整えて。

IMG_4201.jpg




さらに色彩に変化をつけていきます。

IMG_4202.jpg



さらにさらに深みが出るように、色を重ねます。
IMG_4203.jpg




写真では分かりにくいですが、もっともっと複雑な色にします。
IMG_4204.jpg

























これくらいになったら終了です。


IMG_4205.jpg
あとは目を入れて、鑿跡を際立たせる細工をして、完成です。↓



























































IMG_4247.jpg















内股のコウモリちゃんも完成です。

IMG_4249.jpg



この着色も、色んなことをやっています。
IMG_4250.jpg



コウモリちゃんの見所は後姿です。
IMG_4251.jpg




サインはお尻に入ってます。
IMG_4252.jpg






コウモリちゃんは、僕にしては珍く人気の作品です。
IMG_4253.jpg

3万円で作ってますので、宜しくお願い致します。
IMG_4254.jpg




ちくわ一門との記念撮影。
IMG_4244.jpg





























さて、


デッサンで習作を重ねたかいがありまして

お釈迦さんの主治医、インドの按摩ちゃんが出来上がりました。



























IMG_4255.jpg





この手の生き生きした感じは、アトリエにうず高くつまれた習作のたまものです。

IMG_4256.jpg





「インドのお偉いさんをこんな風につくって大丈かい。あんた。」と、妻がまた言いました。

IMG_4257.jpg




「タイ古式マッサージ協会に怒られるで。あんた。」
IMG_4258.jpg

「タイの人は気が荒いで。あんた。」
IMG_4259.jpg


「タイの大使館の庭にデカイ松の木があるんや。そこに縛り付けられるで。あんた。」
IMG_4260.jpg


「そんで、夜中になると、アリかなんかに喰われてワァーッってなるで。あんた。」
IMG_4261.jpg















僕は、だんだん怖くなってしまいました。


IMG_4262.jpg


しかし、アトリエにうず高くつまれた習作を見れば、大使館の人も納得するはずです。

IMG_4263.jpg

つまり、僕の憧れ『はりつけからの習作見せ&感動』です。













































しかし、どうでしょう。なかなかインド人のお偉いさんらしく出来ました。哲学的ですらあります。

IMG_4264.jpg



僕もたいへん気に入っています。
IMG_4265.jpg


東京の中目黒にある、『サルビアサルワーレ』というタイ古式マッサージのお店に

この子は立っています。見に行きがてらマッサージを受けてみてはいかがでしょうか?


IMG_4266.jpg



サインは下に入れました。ちなみに女性限定のお店だそうです。

IMG_4267.jpg



















そして、もう一つ作品完成しました。




びっくりする猫です。↓






































ブログ 001


ブログ 002

ジャンプしてるイメージです。
ブログ 003

尻尾をつかって三点で自立しています。
ブログ 004

気弱な後姿。
ブログ 005

色は上手く塗れました。熱帯魚にこんなのいたなぁ。
ブログ 007

弓状のアウトラインが美しくできたと思います。
ブログ 008

僕の家の猫をビックリさせて観察すると、意外と、猫は無表情にビックリします。
ブログ 009

そこがまた可愛いのですが。
ブログ 010

しかし、ちょっぴりおびえの表情も忍ばせなければいけません。
ブログ 011

猫は気位が高いのでビビッてる顔は見せたくないのです。
ブログ 012


ブログ 013


ブログ 014


ブログ 015


ブログ 016


ブログ 017

気品のあるビビリを目指しました。
ブログ 018


サインは足の裏に入っています。
ブログ 021

この作品も僕のお気に入りです。
ブログ 019





この猫の表情と言うのは、

入梅時に共同便所へ裸足で入って行って、

出たとたんに金貸しに会ったような心持の時にする表情とでも言いましょうか。


ブログ 023

非常に微妙なものです。
ブログ 024


ブログ 025






































そして、もう一つ。新作です。























ブログ 026



感じの悪いハトです。










ブログ 027


ちょっと上目遣いのハトです。
ブログ 028

発作的に夢中で作りました。
ブログ 029

学生の時、沢山、粘土でハトを作りました。
ブログ 030

芸大の試験に出るからです。
ブログ 031


鳥というのは、飛びますからフォルムに一切の無駄が無いのです。
ブログ 032

ですから、べらぼうに美しいですし、めちゃくちゃ難しいです。ごまかしがききません。
ブログ 033



でも、まぁ、普通に作ってもなんですから不良のハトにしました。
ブログ 034

学生の時、受験のために作っていたハトより、こっちのほうが楽しかったです。
ブログ 035

ブログ 038

ブログ 039

ブログ 040
ハトはやっぱり可愛いです。
ブログ 041

ブログ 042
大きさは、本物のハトと一緒くらいです。










































猫とハト。





ブログ 043








「横になれ。」「はい。」
ブログ 044


「ええ眺めや。」
ブログ 045















このコンビもなかなか良いようです。

ブログ 046

























































最後に、




ご存知、ちくわ一門との記念撮影です。









































ブログ 047


ブログ 049






おたまじゃくし君と相性バッチリではないでしょうか。
ブログ 050



ハトと猫。完全にハトが上位です。
ブログ 051









すごい集まりです。

ブログ 053
















































「えへへへ。いいでしょ。」
ブログ 054


「しーん。」
ブログ 055

「あれっ!!」
ブログ 056

「えへへへ。」「うふふふ。」
ブログ 057


「うふふふ。」「えへへへ。」
ブログ 059








「うふふふ。」「えへへへ。」
ブログ 060























































今日も来てくれてありがとうございました。









































































ブログ 061
スポンサーサイト
  1. 2012/02/07(火) 08:57:11|
  2. 彫刻作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<新作!木彫マリオネットの制作工程 | ホーム | 新作彫刻よもやま噺>>

コメント

作品達の過程が よくわかりました 奥さんの言葉が いい具合に入って 途中でフフフッと笑いながら見ました。見れば見るほど 愛着がわく子達ばかりですね。猫の耳 警戒する時の耳だぁ~って 感心しながら見ました。いつも楽しみにしています。
  1. 2012/05/20(日) 18:08:33 |
  2. URL |
  3. ユミ #-
  4. [ 編集 ]

Re: ユミさん

ユミさん、コメントありがとうございます!!!

> 作品達の過程が よくわかりました 奥さんの言葉が いい具合に入って 途中でフフフッと笑いながら見ました。見れば見るほど 愛着がわく子達ばかりですね。猫の耳 警戒する時の耳だぁ~って 感心しながら見ました。いつも楽しみにしています。

笑って頂けるのが作品褒められるより嬉しいですよ!

これからも面白い記事を書いていきますので、よろしくお願い致します!
  1. 2012/05/21(月) 08:42:46 |
  2. URL |
  3. シド工 (しどこう) #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしい♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

田島さん、ありがとうございますo(^▽^)o

すべて可愛くて、癒しがありますね。
感じの悪いハト、もイイ感じです(^з^)-☆

昔、祖父が我流で彫刻を作っていたのを思い出しました。

あの子たちのサイズは、どのくらいですか?
  1. 2012/05/27(日) 20:47:57 |
  2. URL |
  3. 後藤万里子 #XMsG8Yiw
  4. [ 編集 ]

Re: 万里子さん

万里子さん、コメントありがとうございます!!!


> 昔、祖父が我流で彫刻を作っていたのを思い出しました。

おっ!?それは珍しいですね。僕の祖父も彫刻家なんですよ。


> あの子たちのサイズは、どのくらいですか?

ハトは実際のハトと同じ位です。猫は高さ35センチ位です。
  1. 2012/05/27(日) 21:14:22 |
  2. URL |
  3. シド工 (しどこう) #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shidokou.blog20.fc2.com/tb.php/81-3f8106e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)