シド工日記 (しどこうにっき)

仏師の流れをくむ彫刻一家にたまたま生まれ、私自身は5代目の彫刻家です。田島享央己(たじま たかおき)と申します。美術界の「フチ」にかろうじて手をかけている者ですので、どうかご存知のない方はこれを機会に覚えていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ついに、

 
 電子レンジを買い換えてしまいました。








スタートボタンを、乾いた雑巾で

キュキュキュキュ擦ってから、スタートボタンの(ス)と(タ)の間を

右斜め上から、人差し指の爪の角でねじ込むようにしばらく押してから、

次に、箸置きの角で、スタートボタンの周りをなぞり、

だんだん円の中心に向かって螺旋状になぞって、中心に着いたら

スタートボタンの(ス)と(タ)の間を箸置きの角で右斜め上から強く押しつけると、

やっとスタートしてくれる、僕しか操れない、我が家のおちゃめな電子レンジのことです。↓


レンジ


裏っかわに、96年製と書いてあったので

14年間がんばってくれました。


最後の方は、それぞれの工程が(ぞうきんキュキュキュキュ、箸置きグルグルなど)

長時間になってしまい、

電子レンジを使う30分前位から、なんだか気がズーンと沈む心持ちになりました。





初期の頃、

家庭内は、スタート出来た喜びと楽しさで、笑いが絶えない良い雰囲気でした。








ですが、



お茶碗一杯の、冷や飯を温めるのにかなり時間がかかる様になると、






「まだなのかい。お米育ててるんじゃないのかい!」




と、因縁をつけられたりしていました。






こたつで、気持ちよくトロトローってなった時に


叩き起こされて、


乾いた雑巾と箸置きを、持たされるのはもう勘弁していただきたい!








と言うわけで、新しいのを買ってしまいました。















お役御免となった、箸置きと専用ぞうきんです。


雑巾とはしおき






ヒノキで作った箸置きは角が減ってしまっています。


奥が新品。

手前が、活躍した箸置き。



ハシオキ


熟練の職人が長年使って、柄が減った金槌の様な、美しさが出てきてます。

(スタートボタンをグルグルした為に減ったのですが。)


レンジ木3











新しい電子レンジは、このような事が無いように、

ボタン式ではなくて、ダイヤル式にしました。

余計な機能が付いていないシンプルなものです。

新しいレンジ





これが壊れると、どんな感じになるのかと考えます。






たぶん、左に4目盛り、右に1。左に6…などと聴診器を当てながらやる羽目になるのではないか?


と考え、ゾッとしました。




そうならない様に、大事に大事に使いたいと思います。




今は電子レンジを使うのに、何のストレスもありません。

ですが、

少し物足りないと言うか、寂しいと言うか複雑な思いです。

「スタート」して、きちんと「スタート」する事にボンヤリしてしまうのです。






「…なんか、もう一ひねり欲しいねェ。前の奴はもっと面白かったよ。」





と思ってしまうと言うか、とにかくボンヤリしてしまいます。
















ボンヤリしたと言えば、

先日、ホキ美術館に行ってボンヤリしてきました。




ホキ

千葉市緑区にある、昭和の森の近くに出来た新しい美術館です。


ホキ2


建築がとても面白い構造のおしゃれな美術館でした。



そこにある作品は、すべて具象の油絵で、超絶技巧のリアリズム絵画です。


ホキ3











あまりに、達者なのでボンヤリしてしまいます。






楽しい美術館でしたので、おススメです。
ホキ美術館


































最近のアトリエ風景です。ここではボンヤリせず、きちっとしています。











アトリエ風景



木彫作品の荒彫りの途中です。


荒彫りと言うのは、木のかたまりから、大雑把に形を切りだしていく最初の工程です。




この作品はいくつかの木のブロックを組み合わせてから、彫っていきます。

一つの木からやろうとすると、とてつもなく大きな木が必要なので寄せ木にするわけです。









荒彫りの時に使用する道具です。




荒彫り道具


墨と筆、数種類のノミと電動工具。これくらいで、だいたい作業していきます。





荒彫り工程でほとんど出来ちゃうのですが、そこからが時間がかかります。





ああでもないこうでもないと、ガッカリしたり、嬉しくなったり、落ち込んだり。










で、飽きた頃、完成したと自分に言い聞かせて、終わりにします。


















これは、こないだ飽きちゃって止めた作品です。









不自然なガール


木彫の120センチ位の作品なのですが、




































僕の奥さんが、

「へたくそなマネキン」と題名をつけてくれました。





今日も来てくれてありがとうございます。



スポンサーサイト
  1. 2010/12/14(火) 06:58:12|
  2. よもやま噺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<僕が二十歳そこそこの、 | ホーム | 僕はですね。>>

コメント

やっと終わったね、「電子レンジの巻」(笑)!


でもホント、

あなたの作品を見る度、

改めて、「このひと、彫刻家さんだったんだ」

て、思うわ。

眠り猫は、ちょっと見入っちゃったね。



  1. 2010/12/17(金) 19:04:59 |
  2. URL |
  3. じん #-
  4. [ 編集 ]

あら。 眠り猫イイ?

ありがとう。うれしいわ。

身を挺しての電子レンジ顛末記はホントだからね。大変だったよ(笑)
  1. 2010/12/18(土) 05:47:54 |
  2. URL |
  3. シド工 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/12/20(月) 19:17:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: tajiki kunnhe

コメントありがとうございます。


>>私のことなど覚えていないと思いますが。

誰だろう???????
タジキなんて呼ばれるの何年ぶりでしょう。きらいな人なんて居なかったですよ。


>>どうしてそんなに絵がうまくかけるの?という質問に生まれ持っての才能。

嫌な小学生!www


>>少しだけ彫刻が私の大好きな舟越桂さんを
思いこされました。

いやいや、めっそうもございません。



>>松戸にある後藤美術館ご存知ですか?

知らないので、今度行ってみますよ。


>>私はいまキリマンジャロの麓の町に夫、二人の子供と、すんでいますので…


アフリカ!?でしたっけ?凄いですね。



しかし、
インターネットというのはスゴイです。こんな出会いがあるんですね。





ありがとうございました。
また、コメントください。





…誰だか知りたいなぁ。

  1. 2010/12/21(火) 07:14:00 |
  2. URL |
  3. シド工 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shidokou.blog20.fc2.com/tb.php/50-4a3f1a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。