シド工日記 (しどこうにっき)

仏師の流れをくむ彫刻一家にたまたま生まれ、私自身は5代目の彫刻家です。田島享央己(たじま たかおき)と申します。美術界の「フチ」にかろうじて手をかけている者ですので、どうかご存知のない方はこれを機会に覚えていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何千回、何万回、

聴いたか分からないけれど、まったく飽きない音楽って限られてきます。


で、聴けば聴くほど好きになる曲は、もっと少なくなります。



ウラディミール・ホロヴィッツの弾く、トロイメライ。



これは、最高です。




トロイメライを弾く時、他のピアニストは『顔芸』がすごいのです。曲の持つ「間」が美しいので

ついつい『顔芸』をしてしまうのは良く分かります。

(聴いてる人に脅しが利くので、僕もギターを弾く時ちょいちょいやります。)





ホロヴィッツは純粋に「音が顔芸をしている」と感じます。





(ものすごい分かりにくい表現で自分でも苦笑してしまいましたが…)





それは、さておき。  本当に美しい演奏です。
















エンディングのさっぱりした感じが、めちゃくちゃカッコイイと思います。



僕だったら、たっぷり間をとって手をフラフラさせながら、15秒はじっとしています。
それからお辞儀です。







今日も来てくれてありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/19(月) 08:58:00|
  2. よもやま噺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2008年に、 | ホーム | 仙台四郎>>

コメント

ほんとだね。
  1. 2010/07/20(火) 21:36:11 |
  2. URL |
  3. じん #-
  4. [ 編集 ]

そうでしょ?
  1. 2010/07/21(水) 06:38:57 |
  2. URL |
  3. シド工 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shidokou.blog20.fc2.com/tb.php/29-72794f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。