シド工日記 (しどこうにっき)

仏師の流れをくむ彫刻一家にたまたま生まれ、私自身は5代目の彫刻家です。田島享央己(たじま たかおき)と申します。美術界の「フチ」にかろうじて手をかけている者ですので、どうかご存知のない方はこれを機会に覚えていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ねこ

 夏のある日、風呂から上がってみると、夕食用のうなぎ一皿分がねこにやられています。

妻が 「アンタの分のうなぎがやられた!」と大騒ぎです。



しかたなく、塩辛とサラダでビールを飲みました。






美味そうにうなぎを食べているのを見ながら、僕はこう言ったのです。




「同じ皿なのに、ねこは、なぜ『僕の』だと分かったのだろうか…。」












RIMG0019しん


 楠で制作した、ちょっと昔の作品です。等身サイズです。




RIMG0040しん


 今見ると、下手くそだなぁ。と思いますが、妙な愛着はあります。














モデルのうなぎ泥棒。





しんちゃんphoto (2)


猫愛好家の間では、この寝方を『ふて寝』と言います。




  


 今日も来てくれて、ありがとうございます。



 梅雨が明けたら、うなぎを食べます。

スポンサーサイト
  1. 2010/06/14(月) 21:50:21|
  2. 彫刻作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<考えだすと、 | ホーム | 前回に続き、>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shidokou.blog20.fc2.com/tb.php/24-0d8a6b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。