シド工日記 (しどこうにっき)

仏師の流れをくむ彫刻一家にたまたま生まれ、私自身は5代目の彫刻家です。田島享央己(たじま たかおき)と申します。美術界の「フチ」にかろうじて手をかけている者ですので、どうかご存知のない方はこれを機会に覚えていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

前回に続き、

 礼状のお話。


2005年の夏に銀座でやった個展の時です。


考えられるすべての『クスグリ』を、これでもか、これでもかと詰め込んだ超自信作です。




それでは、どうぞ。こちらです。↓











『僕が彫刻を始めて10年位たったでしょうか。気が付いて見たら気の利いた仲間はみんな足を洗って

ホドホドの女と世帯を持ち地道な堅気の暮らし。

いい年をして渡世人稼業をしているのは僕みたいな馬鹿ばかり。

たまに会うと「お前はイイなぁ」などと言われます。そんな時、僕はこう言うんです。

「なにがイイんだ。米びつの底が見えた時のあの無残な気持ち。恐怖のあまり知能指数が30も下がるんだぞ。」

 こういうささくれだった生活をしておりますが、お忙しいのにわざわざ足を運んで下さった皆様の温かい

応援と激励に僕の魂は浄化されました。

そろそろ「身投げ屋」か「お通夜荒らし」にでも転職しようと思っていた僕にとって、大変な救いと

なりました。

心から、観て下さった御礼を申し上げます。 有り難うございました。

せっかく電車賃を使うなら、良い作品を観て心地良かった満足感があれば良いのですが、

入梅時に共同便所へ裸足で入って行って、出た途端に金貸しに会った様な心持ちになったんじゃないかと

心配して居ります。

むしろ眼薬で、汚れた目を洗わなければならない手間をお掛けし、申し訳ございませんでした。


 先程、台所で今年初めてのゴキブリの子を叩き潰しました。

すっかり夏めいて来ました様ですが、皆様の御健康と円満を切に切に願って居ります。

そして、最後に、もういっぺん。  本当に本当に、有り難うございました。』




  …と、こんな感じです。

(一部のお客様には)大絶賛されました。



卑下もここまで来るとすがすがしく感じるのは、僕だけでしょうか。。。



実際のハガキでは、ほぼ、3行に1回「笑い」をいただける様に計算してあります。


実は、

この中の「クスグリ」、落語からだったり、映画からだったり、小説からだったり…

色々な所から引っ張って来ています。


全部分かった人は凄い!!






もう、引き出しカラッポなので、今度の礼状は普通のにします。

これより上はもういけません。



実物のハガキです。↓
reijyou__.jpg




 今日も来てくれてありがとうございました。




スポンサーサイト
  1. 2010/06/07(月) 21:50:49|
  2. よもやま噺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ねこ | ホーム | 個展をやって、>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shidokou.blog20.fc2.com/tb.php/23-f3af829c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。