FC2ブログ

シド工日記 (しどこうにっき)

仏師の流れをくむ彫刻一家にたまたま生まれ、私自身は5代目の彫刻家です。田島享央己(たじま たかおき)と申します。美術界の「フチ」にかろうじて手をかけている者ですので、どうかご存知のない方はこれを機会に覚えていただけると嬉しいです。

展覧会のお知らせ

掌展
2019年 6月22日(土) ~ 6月29日(土)

11:00~18:00 (最終日16:00)


東京はJR馬喰町駅。出口④より

トホで1分、トホホで3分でお馴染みの gallery UG

にて展示販売します。



会期前のご予約、価格等お問い合わせは、

受話器で後頭部2回、前頭葉2回の計4回、

強く殴り、ちょうど鼻の所で Y字 に血が分かれた所で

03 5823 7655
 
(gallery UG)

にかけ、


「田島享央己の彫刻ください。」

で大丈夫です。


あとは紅茶でも淹れて、ゆっくり休んでください。



私が貧乏なバチェラーの時、100時間かけた作品を千円で売った事があります。

そこから考えると価格はゆっくりと上昇しています。

作品一つ 2億になるまで頑張りますので

今が一番のチャンスです。たぶんチャンスと思う。チャンスなんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておけ。




作品購入一番の難関は 「コレください!」 と言う時です。

このお金があったら牛丼何杯食えるかと思ってしまう方ばかりだと思います。

牛丼は一瞬。作品は一生。


何卒よろしくお願い申し上げます。




メールのお問い合わせはコチラから↓
https://gallery-ug.com




English follows below







売約済みになっても、会期中は展示します。



私の作品は

撮影&SNSアップOK。

会場で係に止められたら「作者がいいって言ったもんっ‼」

と手足をバタバタさせながら叫んでください。

あぁ、この人はまだまだ感情と言動が一致しないのだな。わかってほしいと懸命にサインを送っているんだな。

と、思ってくれるはずですのでこれで大丈夫です。




































先日、


「美人すぎる○○ってのが流行ってるねぇ…。」

と妻が言ってきました。


あんたもキャッチフレーズが必要だと言うのです。



















「あのな、汚すぎるおじさんはどうや?」




汚すぎるおじさん 田島享央己

で行けと言うのです。





空は青い 山は高い、と一緒で意味ないよといくら説明しても

不服そうにしているので、納得はしていませんが使おうと思います。


















汚すぎるおじさん 彫刻家 田島享央己 の

出品作品はコチラ。全て共箱付き。







ちくわ

IMG_0165.jpg


IMG_1590.jpg




パンダ


IMG_0366.jpg


IMG_1591.jpg
これは先日の出版謝罪記念トークライブ内で行った「ライブお彫刻」で彫ったものです。









ウサギ (額付き) 木炭紙 炭


IMG_0259.jpg
これは絵本トントンのウサギです。










イカピエタ (額付き) 木炭紙 炭

IMG_0260_20190522132404477.jpg








IMG_0261_20190522132405d57.jpg








謎の生命体を抱くイカ

IMG_1505.jpg



IMG_1589_20190522132410fe6.jpg



美術評論家 小難香椎之助の肖像


IMG_1530.jpg


IMG_1531.jpg



IMG_1532.jpg


IMG_1533.jpg


IMG_1588.jpg

このようなシリアスな具象彫刻を作るという行為は、

可愛らしい動物ばかり彫る事で絡み付いてくる

“ 闇の気配 ”の様な物を払い落とす儀式でもあるわけです。




ちょっと可愛がっている先輩、
美術評論家 小難香椎之助先生のTwitterはコチラ。









IMG_1568_2019052213302883b.jpg



IMG_1569_20190522133509252.jpg




IMG_1570_20190522133510e7a.jpg



カツラは付きません。














ハシビロコウ


IMG_0484.jpg





IMG_0485.jpg




IMG_0486_20190522133507074.jpg





IMG_0487_20190522133922bde.jpg










これも出品します。


Almost Blue


IMG_3983_20170908114647d87.jpg


















以上、8点の出品です。


私は在廊しませんし、貴重な時間と電車賃を使わせて、

こんな木屑を見せられても、怨みしか生まないと思いますので、

「ご高覧下されば幸いです」などと、すっとぼけた事なんか口が裂けても言えませんがご高覧下さい。




「このクソ忙しい最中、電車賃使ってまで来るんじゃなかった。」などと、

嫌な心持ちになることは無いはずです…無いんじゃないかな…。ま、ちょっと覚悟はしておけ。

などと、先日のグループ展でさだまさし風に言ったら、本当に私のお客さんだけポッカリ誰も来なくて

「皆さん素直に言う事を聞き過ぎぃ!」とジャーマンスープレックスホールドの様にのけ反ってしまいましたので、

素直に今から言いますので、皆様におかれましては、よく聞いてくだされば幸いです。


ご高覧下さい。



もしも、もしも、出来るコトでしたらば、作品を購入してくださいませませ。
(深く深く頭を下げる。目に涙を浮かべながら。)





会場に入り、他の先生の作品は軒並み赤丸(売約済み)が。

私のしんこ細工だけ赤丸が付いてない状態を想像するだにシャケの量が増えます。


私も、学生時代、墓参り、切手集めとホットヨガ、銀杏拾いをやっていましたから精神肉体共に強靭ですが、

小鳥を追いかけて森で迷子になるくらいの繊細さも持ち合わせております。

そこのところをよくご理解の上、ご高覧くだされば幸いです。



誰も見に来ない、売れない が続きますと流石の私もグレてしまいます。





おかわりしたのに残す、上履きのまま外にでる、水は出しっぱなし、入っちゃいけない芝生に入る、

等々歯止めが利かず、無軌道な生活をしてしまう恐れがあります。

何卒宜しくお願い致します。





来場して現物を見て購入を迷っている方は、一旦外へ出て、頭を強く2回鈍器で殴ってから再入場してくだされば全然大丈夫です。

だいたい、わたくしの作品を購入する皆さんは、微笑みをたたえながら血だらけで「コレクダサイ」と言ってきます。


作品が欲しいけれど、会場に行けない方はギャラリーに電話してください。

もちろん電話をかける前に、受話器で2回思い切り眉間を殴って判断力を鈍らせてからかけるのを忘れないでください。



そして、




私の作品を買うときに

皆様に思い浮かべて欲しい、ピカソのエピソードがあります。








↓↓↓

ファンが街でピカソを見かける。

駆け寄り 「何か描いて!」 と、紙切れを渡す。

ピカソ、30秒でサラサラっと描いた絵を手渡しながら

「100万ドルです。」と言う。

「たった30秒で描いたのに?」

「いや。30年と30秒です。」










後は、「Eye of the Tiger」をあらかじめダウンロードしておき、

聴きながら、ギャラリーまで歩いてください。

興奮してきますので

「これください!」

と言えるようになります。

全然大丈夫です。




何卒よろしくお願い申し上げます。




                                  汚すぎるおじさん 田島享央己






Please e-mail to gallery UG
[tokyo-office@gallery-ug.com] with following data.

・Name
・Address
・Phone (home and/or mobile)
・The title or image of work

IMG_1593.jpg

スポンサーサイト



  1. 2019/05/22(水) 15:05:59|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ニューヨークで個展 | ホーム | 新作絵本 トントン>>

コメント

うぐぐ

ご高覧したいので電車賃使って伺いたいと思います😆
  1. 2019/06/01(土) 14:27:09 |
  2. URL |
  3. よーみん #nccrg43U
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shidokou.blog20.fc2.com/tb.php/135-9112308e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)