シド工日記 (しどこうにっき)

仏師の流れをくむ彫刻一家にたまたま生まれ、私自身は5代目の彫刻家です。田島享央己(たじま たかおき)と申します。美術界の「フチ」にかろうじて手をかけている者ですので、どうかご存知のない方はこれを機会に覚えていただけると嬉しいです。

新制作協会の会員に推挙されました。

IMG_3983_20170908114647d87.jpg



樟で彫った等身大。モデルはいません。

タイトルは Almost Blue

ほとんど憂うつ、ほとんど悲しい気分、心の内がなんだかとても虚しい。

そんな意味です。


この作品をもって彫刻部の会員に推挙されました。

第81回新制作展

9/20(水)~10/2(月)

六本木 国立新美術館

10時~18時(入場17時半まで)

休館日9/26

最終日14時終了(入場13時まで)

金曜夜間開館 9/22、 9/29 20時終了(入場19時半まで)

入場料 一般800円 学生・65歳以上無料



IMG_20170908114259e3c.jpg



初日の15時からオープニングトークです。

私もトークします。



IMG (2)



IMG_4561.jpg









制作工程。






まず、粘土で小さいモノをざっと作ってみます。

(この時はまだ服を着せる予定でした)


IMG_6001.jpg





次に発泡スチロールで等身大に彫ってみます。

木を彫る前の練習です。


大まかに発泡スチロールの塊を

人体の形に切り出したところ。


IMG_7321.jpg



この包丁2本で彫っていきます。

IMG_7712.jpg


IMG_7322.jpg





IMG_7323.jpg




この辺りから、上半身を裸にしようと思い始めました。



IMG_5300.jpg




服のボリュームを取りさり、裸に。


IMG_7627.jpg



細部を詰めていきます。


IMG_7709.jpg














だいたいつかめたので、これくらいにしておきます。






IMG_7778.jpg



もう「手」が覚えたので、この作品は捨てます。









次は木です。














樟をチェーンソーで大まかに切り出し、量が足りない所は別材を接ぎます。

ここから鑿で粗彫りをしていきます。

IMG_8562.jpg



粗彫りに使用するハンマーは彫り出そうとする形によって4種を使い分けます。

自作の西洋型木槌、タイコ木槌、ゴムハンマー、

そして彫刻家朝倉文夫愛用千代鶴是秀作木彫用ダルマ玄翁長運写し相田浩樹作八十匁三軒茶屋土田刃物店購入の玄能。



IMG_5368.jpg




IMG_8603.jpg


大まかに面でとらえて彫っていきます。

IMG_8620.jpg


形が出てきました。

IMG_5366.jpg




IMG_0517_20170908122754527.jpg




この辺りからゆっくり進んでいきます。木にデッサンを描き、彫るの繰り返しです。


IMG_5477.jpg







DFp3WSeV0AAGrN-.jpg





最後の仕上げ段階。

IMG_2987.jpg







そして完成。

粘土でエスキースを作ってから9か月です。






IMG_3943.jpg




IMG_3945.jpg






IMG_3942.jpg






IMG_3944.jpg






IMG_3941_201709081238567d1.jpg



IMG_3946.jpg




IMG_3947.jpg





IMG_3948.jpg






IMG_3949.jpg





IMG_3950.jpg




IMG_3967_20170908124540d5c.jpg



IMG_3954_20170908124538d38.jpg



IMG_3953.jpg




IMG_3952.jpg




IMG_3951.jpg







IMG_3972_20170908124731486.jpg


IMG_3968_2017090812472501f.jpg




IMG_3971_20170908124730ac1.jpg





IMG_3969_201709081247272ed.jpg




IMG_3970_20170908124728210.jpg





























































この作品は

歌詞の中の女性を想像して作りました。

































私の作品は撮影OKです。

じっくり見てバンバン撮ってください。

そのかわりSNS等に投稿して宣伝してくださいまし。


デリケートな作りですので絶対に触れないでください。




ご高覧頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
  1. 2017/09/08(金) 14:33:32|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<シドロモドロお彫刻教室 移転のお知らせ | ホーム | お彫刻教室のクラウドファンディングのお知らせ>>

コメント

きれいです
  1. 2017/09/12(火) 00:45:37 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

ち○こ猫直立型御依頼

はじめまして。猫カフェ寧估庵の小豆澤と申します。この度おとなりにギャラリーを開設することになりました。いつもボロ着で猫まみれう○こまみれでビンボーつづけていますが、この度なんかいきおいでお隣でギャラリー寧估庵つくることになりました。ギャラリーではせめてむしろと縄ベルト姿でお客様お出迎えしようと思っております。以前より田島先生の大ファンで、ギャラリーの守り神的なち○こ猫が欲しいなあと思っておりました。以前Twitterにあがっていたかっこいい猫彫刻もええなあええなあとながめておりました。
なんせ勢いだけでお隣を工事しておりますので予算があわなければ依頼できないかもなのですが、価格おしえていただければ幸いです。お忙しい中申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
田島先生の作品が飾ってあるギャラリーするのが(もちろんマイコレクションです)が夢でした。ち○こ猫はきっと幸せ運んでくれるとおもいます。ビンボーはもう慣れてます。
  1. 2017/09/18(月) 14:00:43 |
  2. URL |
  3. 小豆澤浩子 #Z0WUAxt2
  4. [ 編集 ]

Re: ち○こ猫直立型御依頼

ありがとうございます。info@takaoki.jp まであらためてメールください。お手数おかけして申し訳ありません。よろしくお願い致します。田島享央己
  1. 2017/09/18(月) 14:23:20 |
  2. URL |
  3. シド工 #RkCXvNc.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shidokou.blog20.fc2.com/tb.php/121-eacecedd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)