シド工日記 (しどこうにっき)

仏師の流れをくむ彫刻一家にたまたま生まれ、私自身は5代目の彫刻家です。田島享央己(たじま たかおき)と申します。美術界の「フチ」にかろうじて手をかけている者ですので、どうかご存知のない方はこれを機会に覚えていただけると嬉しいです。

個展顛末よもやま噺

個展が終了してアトリエに帰ってきた作品たちです。


IMG_1224.jpg


おかげ様で沢山来ていただいて、沢山買っていただけました。

本当にありがとうございました。





以下、展覧会の様子です↓

IMG_1198.jpg

IMG_1203.jpg


IMG_1204.jpg


IMG_1211.jpg

IMG_0052.jpg


IMG_0053.jpg


IMG_1174.jpg


IMG_1175.jpg


IMG_1185.jpg


IMG_1188.jpg


IMG_1193.jpg


IMG_1194.jpg


IMG_1195.jpg


IMG_1461.jpg








次回の個展は来年です。

また同じ時期に今度は銀座で開催します。

2014年11月24日(月)~11月29日(土)

11時~19時(最終日17時まで)

場所は、銀座一丁目駅より徒歩3分 GALERIE SOL です。



















































そんなこんなで。






ひとつ前のブログに載せきらなかった新作をご紹介↓






























猫に蛸。

IMG_0872.jpg


胴巻きです。

IMG_0873.jpg

今回、猫をたくさん作りました。

IMG_0882.jpg



ゴリラ。天狗。ウサギ。

IMG_0918.jpg


天狗は幼稚園児です。

IMG_0919.jpg


IMG_1098.jpg












サンタとトナカイ。マリオネットも作りました。


IMG_0899.png



疝気の虫(せんきのむし)と言います。

IMG_0959.jpg




動画はコチラ↓




こちらは色塗り前の仮組状態のダンスです↓





























福助のポーズをするサンタとトナカイです。

IMG_0988.jpg


IMG_0992.jpg


IMG_0993.jpg





IMG_0989.jpg


IMG_0990.jpg



馬頭観音に謝るサンタたち。パンツは赤です。

IMG_0991.jpg





















ところで、キリスト像ですが…

いや、これは磔刑ちゃんと言いますが


IMG_0440.jpg



田島家三代に渡る彫刻家が、

キリストモチーフをそれぞれ作っています。







































祖父 田島亀彦作。

20120831135631076_201312251301429ea.jpg

僕の作。

こういう写真は、必ず手がこんなですから僕もやります。
IMG_1264.png

父、田島義朗の1960年代の作品。抽象彫刻華やかなりし頃です。
IMG_1459.jpg



それぞれしっかり時代を映していて面白いです。

IMG_1460.jpg









コウモリちゃんも作りました。

IMG_1042.jpg


IMG_1043.jpg


IMG_1173.jpg





















木彫マリオネットの疝気の虫。


IMG_1027.jpg

等身の女性像と比べると大きいのが分かります。

IMG_1028.jpg



ハシビロコウも作りました。


IMG_1122.jpg


これも大きなものです。

IMG_1121.jpg


招き猫です。

IMG_1090.jpg


仏頂面の招き猫。

IMG_1093.jpg


わりと大きめです。

IMG_1120.jpg


IMG_1132.jpg


足の長い鳥。

IMG_0998.jpg



態度の悪いシロクマです。

IMG_0994.jpg


IMG_0995.jpg


IMG_0996.jpg


実は鳥を気遣って空気肘掛をしていたシロクマ。

IMG_0997.jpg


IMG_1457.jpg


IMG_1261.jpg



パンダ。フランケン。フクロウ。

IMG_1073.jpg




手のひらサイズです。

IMG_1065.jpg


IMG_1069.jpg


IMG_1070.jpg


IMG_1092.jpg


IMG_1130.jpg


IMG_1133.jpg




人魚ちゃん。半笑いの犬。

IMG_1015.jpg


IMG_1017.jpg


IMG_1018.jpg


IMG_1134.jpg





エビフライちゃん。

IMG_0031.jpg


IMG_0015.jpg



IMG_1331.jpg


IMG_1377.jpg

IMG_1364_2013122513551988b.jpg


お寿司ちゃんを作りました。


IMG_1404.jpg


IMG_1408.jpg


IMG_1410.jpg


IMG_1412.jpg


IMG_1413.jpg



うつ伏せはこうです。

IMG_1421.jpg



一休さん。


IMG_0033.jpg


馬。

IMG_0038.jpg


IMG_0036.jpg



IMG_0037.jpg





IMG_1451.jpg































 




































 そんなこんなで、話は変わります。





御縁がありまして、高校生に彫刻を教えることがあります。



















女の子ですから刃物を持たせるのはヒヤヒヤしますが、

臆せずキャッキャキャッキャ楽しくやってくれます。




以下、生徒作品↓
























IMG_9054.png

IMG_1237.png

IMG_1456.jpg

IMG_1455.jpg









若い子には、「彫刻」という言葉が、小難しくてつまらないイメージがあるようです。




















「先生、やってみたら凄い楽しかったよ!」













と、言ってくれた生徒が、こう続けました。










「先生、彫刻っていう言い方がつまらなそうだよ!」


「先生、呼び方変えた方いいよ!」


































僕は、この生徒に後頭部をノミで叩き彫られ少ない脳味噌を掻きだされたような衝撃を受けました。






















つまり、

こんな楽しい彫刻なのに「彫刻」という古風でカタい感じの響きで損をしていると言うのです。













なるほどその通りです。



「彫刻」という漢字の表記もいかにも偉そうでいけません。

「彫刻家」なんて、もっといけません。









僕は家に帰って妻に

この話をしました。













「これこれこれこれこういうわけなんだよ。」


と、一部始終を話しました。














































何か 「彫刻」 「彫刻家」 に変わる呼称のアドバイスをしてくれると思いました。




思いましたが、

妻はまず、僕が「先生」などと呼ばれているのが気に食わないらしく、こう言いました。














































「ナニが「先生」だ!松の木におじやぶちまけた様なツラしやがって!このカッパ節が!」





































いやに伝法な口調の啖呵は僕のせいです。

僕が講談や浪曲や落語を聴かせたせいですが、言われてみると本当に辛いです。






























今日の妻は舌の調子が良いようです。続けてこんな小言が飛んできます。






































「おう、先生よ。こないだシスコーン買って来てって言ったのに、なんでケロッグ買って来たんだよ!この間抜けめ!」























僕が今、一番気にしていることを言われました。



あんなに謝ったのに蒸返されムカッとしましたが、

ここで怒るようじゃぁ彫刻家にはなれません。

小言が止んだのを見計らって逃げ出します。































僕は一人で若者にも受け入れられる「彫刻」と言うモノを考えます。



彫刻芸術は民衆のモノです。



ですから、間違えて買ってきたケロッグを食べながら考えます。








































僕は、「はじめまして。彫刻家の田島享央己です。」


と、名刺を渡すことが多いので


その名刺の裏に印刷する自己紹介文を

若々しい感性と瑞々しい文章で書いてみました。


これなら若い人にも、すんなり受け入れてくれそうです。


















多少、やわらかい文章ですが、みごとに現代を盛り込んだ名文だと自負しております。↓



































































ァタシゎ、ちょぅこくか☆彡

もうすこしで、ょんぢゅぅいっさぃダョ☆〜(ゝ。∂)
ァタシで、ごだぃめの、ちょぅこくかダョ☆(ゝω・)vキャピ

ぃっも、ァタシゎ、クスノキぉ、ノミとげんのうぉ、っかってほりほりしてるョ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

「ちょぅこくヵ」ッて、ヵたッくるしぃヵら…、(´・Д・)」 ぃぃヵたぉ、ヵぇるョ☆〜(ゝ。∂)

きぉ、ノミで、ほりほりするヵら…、、

「ノミノミほりっし〜」ゎどぅ?
(((o(*゚▽゚*)o)))

ぉヵしぃ?
ァタシゎべつに
ぉヵしぃとぉもってなぃしぃ☆彡

マジぃぃんぢゃね?*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
マジにんきでるんぢゃなぃ?
(ゝω・)vキャピ


でも……
ヵんがえるのゎ、もぅつヵれちゃった☆彡 …( ´Д`)y━・~~
でも……
ぁきらめるの ゎょくなぃってァタシゎ
ぉもって、がんばったョ。
・°°・(>_<)・°°・。
でも……
げんのうで、ゅびぅっちゃって…ネイルわれてイタイょ……もぅダメ
ゴメン……
。・°°・(>_<)・°°・。

でもぉ、うちゎ、マヂでちょぅこく楽しぃしィ、
「ノミノミほりっし〜」として
これからも、がんばるっし〜☆〜(ゝω・)vキャピ















































































今日も来てくれてありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。



            ノミノミほりっし~ 田島享央己
スポンサーサイト
  1. 2013/12/25(水) 16:15:00|
  2. 彫刻作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展のお知らせ

 個展をやります。


田島享央己 彫刻展

平成25年11月19日(火曜日)~24日(日曜日)

open=11時~19時 最終日は17時まで(会期中無休・鑑賞無料)

東京は阿佐ヶ谷。

JR阿佐ヶ谷駅の北口より徒歩2分。ギャラリーオッポという画廊です。












ポスターです。↓

ポスター














このコピーは僕が考えたのですが、妻は気に入らないようです。





































「なにを言ってるんだい、偉そうに。マッチ棒のカスの様な顔をして。」








































なんか言われたので黙っちゃいられません。















僕は分かって欲しくて説明しました。








「動物の彫刻が多いので、それに掛けたよ。

それから僕の育ちの悪さにも掛っているという

一見、へりくだっているようにも思える裏側で、

実は自信たっぷりというお茶目な馬鹿さ加減がチラッと垣間見える

絶妙なロック魂と卑下っぷりが秀逸だと思うんだよ。」


























































「馬鹿がこんがらがっちゃったよ。」










との一言を押し頂き一件落着です。





































個展についてのアレコレは、ちょっと置いといて。




色々な事をしましたので、ご紹介します。
























お彫刻指南(エンブレム) (2)





前回のブログで告知したワークショップの様子です。↓
シドロモドロ木彫ワークショップ(その1)

IMG_9031.jpg


2回目の様子↓
シドロモドロ木彫ワークショップ(その2)


IMG_9530.jpg


ワークショップは大盛況でした。

IMG_9052.jpg

またいつか開催するのでよろしくお願いいたします。


























こんな展覧会にも出品しておりました↓
The Art Of Puppets 2013


IMG_9210.png


僕が出品したのはコレ↓
聖ジョセフちゃんと邪鬼のジャッキー


セントジョセフ 093






よかったらご覧下さい↓(記事の最後の方が制作工程です)
聖ジョセフちゃんの制作工程




IMG_9314.png




















































それから、

こんな作品を展覧会に出品していました。

























IMG_0077.jpg

木彫の胸像です。

東京は六本木の国立薪美術館で開催された「新制作展」に出品しました。


この作品は個展にも陳列します。


































 






















 夏に高村光太郎展に行きました。


IMG_9893.jpg




光太郎の木彫小品がどっさり出品されていて

とても感動しました。



僕はすぐ影響を受けるたちなので

光太郎的なモノをこしらえてみたくなりました。




















IMG_0150.jpg

モモを彫ってみました。

習作です。


モモ一つとってみても、なかなか自然はその形を捉えさせてはくれません。

IMG_0012.jpg

…なんて。気障な言葉が出ちゃうくらい難しいものです。








































 光太郎の木彫のセミにいたく感激した僕は

アトリエに帰って当然セミも彫るワケです。












セミを捕まえて来て、そのまま作っても仕方がありませんから

僕は脱皮しているセミを作りました。






































IMG_0110.jpg



セミが出てきた瞬間の様子を、そのまま拵えても仕方がありませんから

なんか妙なモノが出てきた感じにします。


セミを狙っているスズメも彫ります。

IMG_0112.png



























共箱に仰々しく題名を書き、落款を押しました。

蓋の裏に「彫刻家 田島享央己作」と情緒たっぷりに署名しています。





IMG_0564.jpg



会心の作です。

僕はきゃっきゃきゃっきゃしながら妻に脱皮ちゃんを見せます。


「どうだ!バカヤロ。」
































と、言いながら出したいのは山々なれど

ここはグッとこらえます。































「光太郎のセミより面白いでしょ。光太郎には可笑し味が足りないんだよ。」

と、言いながら出します。












しばらく見ていた妻は

こう言いました。














































「…お前さん、いくつになったの?」

続けて、


「あんたね。そりゃぁこういうことだよ。

ドブが四万十川に文句言っているようなもんだよ…。」












このあとしばらく小言が続きましたが、覚えていません。


小言が頭の上を通り過ぎるのを待つためにずっと下を向いていました。



覚えていませんので、この話は終わりにします。






















































 































 そんなこんなで、ずいぶんいろんなモノを彫りました。















































木のおもちゃ。


IMG_0132.jpg

IMG_9996.jpg








犬のお医者さん。



IMG_0006.jpg


IMG_9963.jpg



















これは発作的に出来ちゃったモノです。


IMG_9957.png


















ちょっと大きすぎると思ったので、先を切り落としたのです。

IMG_8191.jpg



切り落としたモノがアトリエの床に転がり、

くるくると回って、ピタッと座ったように見えたのです。

IMG_8238.jpg

そうなると、もう捨てられません。

IMG_8183.jpg

IMG_9196.jpg






顔を描いて、大事にしてやります。

IMG_0151.jpg

某SNSでこの子の出生を隠し、名前を募集したのですが、

どっさり名前が集まってしまい、言うに言えなくなってしまいました。


IMG_0149.jpg




しかし出生はどうあれ、可愛いので勘弁してくださいまし。




IMG_0096.png



































本体の方は、アトリエ裏口の門番をしています。


IMG_0758.jpg


泥棒さんもビックリして駆け出すはずです。

IMG_0757.jpg



設置した僕自身、ふと見るたびにギクリとして駆け出しそうになります。




























クリオネちゃん。

IMG_9164.jpg

コチラ↓
クリオネちゃん制作工程


IMG_9173.jpg


IMG_9174.jpg


IMG_9175.jpg



IMG_9176.jpg


IMG_9184.jpg


IMG_9203.jpg





アジフライちゃんとソーセージも作りました。

IMG_9450.jpg


IMG_9281.jpg



IMG_9197.jpg





プルメリアちゃん。


IMG_8709.jpg


IMG_8710.jpg


IMG_8711.jpg


IMG_9221.jpg































お雛様ちゃん。

IMG_0748.jpg











































 起業される方が会社の判子を注文してくれたので、石を彫りました。




IMG_9315.jpg














この人魚ちゃんも判子です。台座の裏が印になってます。木で彫りました。




IMG_9455.jpg




「サンダリスタ」という会社なので、オマケにサンダルちゃんを彫りました。


IMG_9456.jpg


IMG_9490.jpg

IMG_9462.jpg
























ウシのストラップ。


IMG_9904.jpg


IMG_9492.jpg


IMG_9905.jpg


IMG_9908.jpg





うさぎエビとテニス犬。

IMG_9665.jpg


IMG_9666.jpg


IMG_9681.jpg


IMG_9682.jpg


IMG_9699.jpg













































 現在、個展に出品する作品をバカみたいに拵えています。

一部ご紹介。
























磔刑ちゃん。
IMG_0011.jpg

かわいい鳥の玩具を作ろうとボンヤリ頑張ったらキモ怖いのが出来てしまいました。
IMG_0043.jpg




防災頭巾をかぶり

「真如海上人さまの真似!」というギャグを

ご学友にご披露遊ばせた御幼少の折の僕がモデルの「即身仏ちゃん」を彫りました。

IMG_0072.jpg

頬張りすぎのリス。
IMG_0133.jpg

シャーする猫。
IMG_0173.jpg



真蛸の干物ちゃんと往年の真蛸干物ちゃん。
IMG_0382.jpg

マンドリル。
IMG_0364.jpg

ピョーンする猫。
IMG_0346.jpg

ブルテリア。
IMG_0243.jpg

ゾウアザラシ。
IMG_0228.jpg

























飽きちゃったから、いかにも抽象彫刻風な抽象彫刻を作って息抜き。










IMG_0338.jpg

そして、シャケの切り身を彫って遊びました。
IMG_0178.jpg






































風神くんと雷神くん。

IMG_0530.jpg


イカとドードー。

IMG_0579.jpg

猫と金魚。
IMG_0687.jpg






































 そんなこんなで、完成作品を一部ご紹介。

全て個展に出品します。

























磔刑くん。
IMG_0440.jpg

即身仏ちゃん。
IMG_0442.jpg

薄気味悪い鳥。
IMG_0469.jpg


IMG_0472.jpg


IMG_0474.jpg





ピョーンする猫。

IMG_0486.jpg


IMG_0487.jpg


IMG_0488.jpg




ケンタウルスと逆ケンタウルス。
IMG_0506.jpg


IMG_0516.jpg


IMG_0527.jpg








すずめ。

IMG_0577.jpg

マンドリル。
IMG_0568.jpg

ブルテリア。
IMG_0526.jpg

真蛸の干物ちゃん。 壁にかけて飾ってください。
IMG_0525.jpg




オオハシ。ドードー。
IMG_0670.jpg





風神くんと雷神くん。

IMG_0647.jpg


IMG_0646.jpg






シャーする猫。往年の真蛸の干物ちゃん。

IMG_0591.jpg



カツラをかぶせてみました。


IMG_0595.jpg








ラッパと犬。

IMG_0734.jpg



猫。

IMG_0733.jpg

IMG_0732.jpg

IMG_0731.jpg



玉虫くん。
IMG_0730.jpg


イカとゾウアザラシ。
IMG_0735.jpg

IMG_0736.jpg


カツラをかぶせてみました。

IMG_0737.jpg









のびする猫。

IMG_0815.jpg


IMG_0814.jpg













フーする猫。




IMG_0783.jpg


IMG_0782.jpg


IMG_0781.jpg




金魚立像。

IMG_0816.jpg


IMG_0817.jpg













猫と金魚。



IMG_0818.jpg


IMG_0819.jpg






















お雛様ちゃん。


IMG_0791.jpg



IMG_0802.jpg


IMG_0803.jpg





蛇使いの横わけ猫と仔犬のオルゴール。

IMG_0804.jpg


IMG_0805.jpg


IMG_0811.jpg


IMG_0812.jpg



動画はコチラ↓






































































 個展開催まで

まだまだ出品作をドシドシ増やしていくので

ぜひ足を運んでくださいませ。

































































こんな風に木彫作品の乱れ打ちをしていながら、


こんな仕事もしていました。





















かの有名な高須クリニックの院長、

高須克弥先生の胸像を。との依頼があり作りました。










「イェス!高須クリニック!」

のセリフでお馴染みの高須克弥先生です。
























僕はアトリエで毎日木を小さくしているだけの職人ですから

もちろん面識などはありません。


ですから写真を送ってもらい、それを見ながら粘土で作ります。







漫画の「北斗の拳」の様な筋骨隆々で。

顔は本人。

色はガンメタリック調。

とのご注文。






まず、油土で小さいモノを作って練習です。  


ああだこうだ考えながらペタペタします。



















IMG_8489.jpg














その次に完成作品と同じ大きさで

発泡スチロールを包丁で彫って練習です。



またまた、ああだこうだ考えながら彫ります。














IMG_8642.jpg












そして、ようやく本番。










ペタペタ粘土をいじくって完成です。

























IMG_8894.jpg


IMG_9040.jpg


IMG_9485.jpg




ムキムキなので凄い迫力です。

等身大より大きい感じがします。











この粘土原型を石膏で型を取ります。




IMG_0729.jpg






そして出来た型にポリエステル樹脂を貼りこんで、



着色して完成です。































IMG_0160.jpg


IMG_0179.jpg



IMG_0156.jpg


IMG_9950.jpg
































ご本人もたいそうお気に召されたようでホッとしました。

向かって右手がご子息であり医師でもある依頼主の高須久弥先生。

IMG_0098.jpg







高須クリニックの大阪院の移転リニューアルにともない、

新しい大阪院に設置されたそうです↓


DSC00839.jpg


DSC00843.jpg


DSC00844.jpg




BXP6yJjCMAAAIKv.jpg























































せっかくなので、お渡しする前に

ちくわ一門とコッソリ記念撮影。






















































IMG_0148.jpg


みんな嬉しそうです。

IMG_0157.jpg


IMG_0158.jpg


IMG_0147.jpg

































いつかお会い出来たら

「イェス!シドロモドロ工作所!」

と、言ってもらって動画にしようと思います。















































































と、言うようなワケで。




























個展の案内ハガキも出来ましたので貼り付けておきます↓




















DM写真












DM宛名



場所はコチラ↓
ギャラリーオッポ


去年の同じ時期にやりました。同じ場所です。

去年の個展の様子







































会場では作品のそばに、このようなプライスカードがあります。

IMG_0760.jpg










作品と同じクスノキを使い、電熱ペンで焼き焦がして字を書いています。

美術展のプライスカードとしては、アホみたいな大きさです。


「1日あたり ○○○ 円」


というのは、作品の値段を 『365日』 で割ったものです。


高価な彫刻作品ですが、こう考えると大したことはありません。



しかも彫刻は1年間で壊れることはありません。飛鳥時代の木彫も平気で残っています。



そうすると「1日当たり ○○○ 円」というのは

年々、タダみたいな数字になるのです。

















 





































 個展会場に入ると、なんだか物欲しそうな顔をした薄汚いヤツが

隅の方でのそのそして居りますが

気にしないで下さい。


決して噛みついたりはしません。




作品を購入すると、千切れるんじゃないかと思うくらい尻尾を振って

ついてこようとしますが、それは振りほどいて構いません。













もし。もしも、それでも、お気に障るようでしたら、煮干しの二、三匹でも投げてやってください。

そうしたら三日位はもちますから。











































 












































 先日のことです。


「あんたの彫刻はナチュラル非売品やないか。」


と、妻に言われました。














個展の出品作品の選定をしていて

「これは非売品にして出品しよう。」

と僕が言ってのことです。




非売品?なぁーにを偉そうに。ハナっから売れないクセに何を言いやがる。このカッパ節は!


と言いたいのでしょう。

 瞬時に僕は、こう判断しました。








もう黙ってはいられません。














僕は間髪入れず



「ナチュラル非売品とはなかなか乙な表現をしやがるじゃァねェか!」






































































と、

苦情を言いたいのは山々なれど、

こんな威勢の良い啖呵など切れません。






グッとこらえて呑み込みます。












































彫刻家一人助けると、猫千匹助けるのと同じ功徳がある

と、言ったのは

あれはたしか、ナポレオンでしたか…。



まぁ、ナポレオンだかワシントンだか知りませんが…。













皆様、会場でお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします!
































ポスター













今日も来てくれてありがとうございました。
  1. 2013/10/23(水) 08:40:00|
  2. 彫刻作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

展覧会顛末記と新作彫刻のご紹介

 みみずです。

IMG_7252.jpg



みみずちゃんが出来ました。

前回のシド工日記でご紹介した

みみずちゃんのデッサンを元に立体化したのです。



IMG_6609.jpg





こういうモノを作ると妻が心配そうな顔をします。

売れないからです。




























ですから、こういうデッサンもすごく嫌がります。


















IMG_7258.jpg

















怒られるのが嫌なので

見つからないように、隠れて描きます。


だけど、よく見つかります。



真面目にやっている時は、アトリエに来ないのに

「みみず」や「のり巻き」などをデッサンしだすと現れて小言です。




だけど僕は「みみずちゃん」を完成させました。




個展に出品して、

お客様に、「なにこれ気持ち悪い」かなんか言われてキャッキャキャッキャしようと思ったのです。



調子に乗ってヘビも作りました。



IMG_7253.jpg


「やだこれウンチみたい」かなんか言われてキャッキャキャッキャする予定でした。






そして、


「売れなかった(泣)」

「それみろ。ボケナスが。(怒)」

「すみません(反省)」



という一連の流れで、キャッキャキャッキャ楽しいシド工日記を書く予定でしたが

みみずちゃんもヘビちゃんも売れました。






IMG_7254.jpg




仕込んでいた、せっかくのネタも台無しです。




















人間、慌てた時、水が飲みたくなるって本当です。





「みみずちゃんください」と言われた時、僕は三杯飲みました。















みみずちゃんの件では、妻に虐げられてきたので

早く帰って「ざまぁみやがれ」と啖呵を切りたいと思いました。




帰りの電車の中で、色々と威勢のいいセリフを考えました。





考えましたが、

「ざまぁみやがれ」と

「こんちきしょうめ」しか思い浮かびません。



学校でもっと勉強していれば良かったなぁと思いました。



この二つの無限ループだと、必ず返り討ちに遭います。

啖呵を切るのは止めて普通に報告しました。








妻はすごく喜んでくれましたが、あまり驚きません。

僕が水三杯飲んだところでも、ちょこっと驚いたくらいです。

もう少し驚いて欲しかったけど、しかたありません。






















みみずちゃんは、ずっと僕の手元に居る奴だと思い込んでいたので

ちょっぴりさみしい気持ちです。


僕が八十幾つかの漠々のおじいちゃんになって、みみずちゃんを手のひらに乗せ

ホーレホレかなんか言ってお客様とキャッキャキャッキャするのではないかとボンヤリ考えていました。










































会期が終わって搬出。アトリエに戻ってきた時の写真です↓


IMG_7007.jpg


おかげ様でほとんど売れたので、これから梱包と発送の作業が待っています。



はじっこの方に「びっくりするコアラ」が写っています。


僕も気に入っていて、評判も上々だった奴です。












このコアラ、



題名変更します。

















































「まさか自分が売れ残って、こいつが売れるとは!とびっくりするコアラ」です↓




















IMG_7243.jpg




今回、僕の次に驚いてくれた、このコアラ。

IMG_6980.jpg


「タイトルを変えてやろうじゃないか」という慈悲深い方のご連絡をお待ちしております。



































































と、いうようなわけで個展が終了いたしました。

沢山の方に来ていただきました。本当にありがとうございます。




前回のシド工日記に、載せきれなかった作品をざっとご紹介します。








































マンドリル能面です。


IMG_6741.jpg

実際に被って遊べます。






ヤギのハンティングトロフィーです。

IMG_6810.jpg

壁にかけて飾ります。






カラフルふくろうちゃん。


IMG_6754.jpg


手をバタバタ動かせます。








びっくりするきょうりゅうです。


IMG_6731.jpg


肉食恐竜がチラッと見えて固まっている様子です。








木彫マリオネットのはちくんです。


IMG_6873.jpg


アルパカと。

IMG_6901.jpg


ハシビロコウの上に乗って。

IMG_7255.jpg










オムライスの身代わりになるイモムシくん。


IMG_6898.jpg

イモムシくんが、食べられちゃいそうなオムライスを助けたわけです。

IMG_6896.jpg


IMG_6895.jpg

組彫刻ですから、色々な飾り方が出来ます。
IMG_6894.jpg


IMG_6892.jpg


IMG_6893.jpg



オムライスくん

IMG_6887.jpg


襟足が長めです。

IMG_6888.jpg



後ろ姿。

IMG_6889.jpg



はちくんと。


IMG_6897.jpg









金太郎と熊。




IMG_6775.jpg


ちょっと不良の金太郎と熊です。

IMG_6771.jpg


キャベツちゃん。

IMG_6784.jpg


発作的にキャベツなぞを彫ってしまいました。



IMG_6796.jpg


IMG_6794.jpg



くらげちゃん。

IMG_6818.jpg


IMG_6795.jpg


IMG_6815.jpg


IMG_6900.jpg


IMG_6899.jpg


























この二人は、個展終了後、飯田橋のパペットハウスさんのところに居ます。

お近くにお越しの際はちょっとのぞいてみてください。

「シド江ちゃん」と「はちくん」



IMG_7068.jpg














次に、会場の様子を。





入って正面です。

IMG_7222.jpg


奥から入口です。

IMG_7235.jpg


IMG_7227.jpg

















等身大の猫です。

IMG_6956.jpg







等身大の女性像。

IMG_6957.jpg














まった倶楽部というタイトルです。デッカイ将棋なんです。

IMG_6962.jpg













オランウータンの赤ちゃんとハト。

IMG_6960.jpg









白クマ。


IMG_6961.jpg











動物たち。


IMG_6955.jpg











奥の陳列風景。

IMG_6910.jpg




IMG_6969.jpg




IMG_6972.jpg



















みみずちゃんに負けて放心状態かつヤケクソなコアラ。































IMG_6971.jpg






ロボットちゃんも展示しました。


IMG_6974.jpg


















気持ち悪い二匹をしたがえて、びっくりするパンダ。


IMG_7226.jpg


等身大の女性像。


IMG_7231.jpg



ご存じ、ちくわ一門。

IMG_7230.jpg



くらげちゃんときょうりゅう。

IMG_7229.jpg



ひっくりかえる猫。

IMG_7228.jpg






























このカニが、びっくりするくらい魅力が無くてお気に入りなんです。なんで作ったのかわかりません。













IMG_7225.jpg


今はアトリエにあるのですが、笑っちゃうくらい魅力がない。かなりの問題作です。

今度、改造して可愛くなるかの実験をします。






















IMG_7238.jpg





IMG_7237.jpg





IMG_7234.jpg









この時はまだ普通の「びっくりするコアラ」


自信に満ち溢れています。







IMG_7236.jpg



IMG_7232.jpg


IMG_7239.jpg


IMG_7240.jpg

IMG_7223.jpg



































会期終了後。

残った作品のうち、これらをギャラリーの常設展示として置いてきました。


IMG_7242.jpg


気になる子がいたらギャラリーの方に声をかけて頂ければ、出してもらえるはずです。




























会場の様子を動画で撮影しましたのでご覧ください↓















































そんなこんなで

展示会は無事終わりまして、



会期中、ご注文いただいたモノをバンバン彫っていきます。














チェーンソーで木取りしたり、

IMG_7244.jpg


木工機械を使って楠を製材します。


IMG_7245.jpg








そして、出来たのが

ハシビロコウのバッグチャーム。



















IMG_7189.jpg





IMG_7191.jpg





















お地蔵ちゃんとデビルくんとおかっぱチョビひげサンタ。


IMG_7202.jpg

サンタは僕の家用です。

「クリスマスっけが無いからこしらえろや」と言われたので急いで作りました。


IMG_7247.jpg





















新しい千代鶴是秀ちゃん(鑿の作品)も作りました。


IMG_7249.jpg






















玄翁と彫刻鑿のイヤリングも作りました。


IMG_7145.jpg


白檀という超高級木材を使用しています。

IMG_7144.jpg


IMG_7142.jpg

























後ろは、砥石ちゃんと初代千代鶴是秀ちゃん。

新しい千代鶴是秀ちゃんは、刃が減ってません。

IMG_7207.jpg



IMG_7250.jpg



IMG_7146.jpg



IMG_7147.jpg



IMG_7246.jpg


































それから、ちょっくら息抜きにマリオネットを作りました。






















IMG_7179.jpg


構造などを実験したくて試作しました。

だから名前は、試作ちゃん。



良く動きます。↓


























































このように毎日楽しく仕事しておりますと、凄い幸せなのですが、

自宅で万引きしているようなもので、スリルがありません。





なぜだか、変なモノをコソコソ作りたくってたまらなくなるのです。

以前は年がら年中コソコソしていて、スリルがありすぎてたまらなくなっちゃってましたが…。






しかし、

僕は冷静に自己分析をします。

こういうところが僕の恐ろしいところです。学校でてます。自動車学校もでてます。
















妻に脅かされながら作るのが長くて、そういう性質になってしまったのではないかという結論を二分で出し、

さっそく僕の渾身のデッサンを、妻の目につく所に置いておきました。







今、作ろうと思っている彫刻のデッサンです↓








































IMG_7012.jpg










































罵倒されました。

やっぱり褒められて暮らしたいと思いました。


みみずちゃんが売れたのは「たまたま」です。



酔狂者のお客様がご祝儀がわりに買ってくれたんやで!と、言われました。















目が覚めました。


完全に天狗になっていました。




































エビフライのデッサンと

もう一枚、置いておいたデッサンがあります。

これは、ふざけるんじゃないと言いながらクシャクシャにされたのを

丁寧に伸ばしたので、ちょっと見にくいです↓



















































IMG_7265.jpg















































落書きのように見えるかもしれないけど深いんだよ深いんだよ。

と、

いくら説明しても可哀想な子を見るような眼で僕を見ます。













調子に乗って、デッサンを目のつく所に置いてしまって凄く後悔しました。

馬鹿にされるのはスリルがありすぎます。

































僕は、馬鹿にされて悔しいので

後日、妻をアトリエに呼んでデッサンについての講義をしました。
































「作例として、金属のポットをモチーフにしますから、よく見てなさい」


と、言いました。





















「おい先生早くすませや」と言われましたが無視しました。





まず、大まかな形を単純化してざっくりアタリをつけます。


妻は二分で立ち去りましたが無視しました。

IMG_7075.jpg

この大まかさが重要です。








そしてキチンと描き込みます。




















IMG_7074.jpg











きっちりポットを勉強しました。


しかし、これでは面白くありません。



これを踏まえて、

紙を新しいのに変えてもう一度ポットを描きました。



















IMG_7075.jpg




ぜんぜん良くなっています。










このように、造形的真の世界に突入すると、そこに描き出された描線は

一見、視覚的現実世界とは何の関係もないように見えてきます。


しかし、それは、三次元的視覚の世界からの脱却して、より高次元な真実を追求する必然的結果なのです。




























































これは、僕の最近もっとも怒られた高次元な真実を追求したデッサンです。↓






































































IMG_7263.jpg















たいしたことない駄作ですが、

「機関車 6両」の、

「6両」の部分になんだか腹が立ったみたいです。

















































































4両編成にすればよかった。







































































今日も来てくれてありがとうございました。

















































最後に、

今年一年、シド工日記を読んで頂いてありがとうございました。

来年もまた、よろしくお願いいたします。
  1. 2012/12/28(金) 20:39:10|
  2. 彫刻作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい作品が出来ました。

いくつか新作が出来ましたので

ご紹介します。











まず、


ゴリラをつくりました。

IMG_5136.jpg



このゴリラの制作工程は、コチラでご覧いただけます。↓





ゴリラ制作日誌


















そして、発作的に彫った

マリオネットの『ロボットちゃん』








IMG_5149.jpg

ゴリラに、イイ子イイ子しています。







IMG_5094.jpg






だいたい、40センチ弱の小さなモノです。

いつものデカイ、チェコスタイルのマリオネットと違います。

鉄心が入ってなく、糸だけで操るのです。





関節は、皮の紐を使っているのでかなり自由な動きをします。



ポンコツの感じを出すために、荒い鑿跡を残して仕上げました。










ロボットちゃんの、激しい踊りをご覧ください。↓


































僕がご幼少の折り、大好きだった曲です。

当時、家にタイプライターがありまして、

僕はよく真似して叱られました。













続いて、ロボットちゃんの静かな踊りです。↓


































トロイメライは本当に凄い芸術作品です。

ロボットちゃんも気持ち良くて、居眠りします。
















最後に、ロボットちゃんが、ネコと戦います。↓






























興味なしの感じが、さすが猫です。












































ところで、5月11日から6月3日まで、

ギャラリー&カフェ オモンマテントで個展がはじまります。




11時から18時まで。金・土・日・祝日のみオープンです。

僕も極力在廊するようにします。



いろんな作品をどっさり展示しますので、ちょこっとのぞきに来てください。


よろしくお願い致します。








個展のDMです。↓

オモンマDM




個展の準備に忙しい中、このハガキにあて名書きをして切手を貼ります。


数がけっこうあるので大変です。








妻に、切手貼りを手伝ってもらうことにしました。































































妻は、一枚目から失敗します。


















80円切手を貼ってしまったのです。























    「あっ!間違えた!」













と、言ってその上から50円切手を貼りました。
















































気持ちは分かりますが、お駄賃払いすぎです。











ここで、ヘンに馬鹿にしたりすると、ヘソを曲げてしまいます。

















「じゃぁ、もうやらへん!!」と言うのは目に見えています。





















夫婦茶碗でこめかみを殴られるのは、もう御免です。



































ですから、優しく笑いながら苦情を言うのですが、




  ━なにヘラヘラしとるんや馬鹿にしとるんか━



という地雷を踏みまして一人で全部やりました。

































































そんなこんなで。










個展への出品作が、また少し出来ました。





























ハシビロコウという、ヘンな鳥がいまして

それを彫りました。






IMG_5214.jpg




僕は、ハシビロコウのファンなので

ちょくちょくモチーフにしています。





IMG_5217.jpg




この目つきが、たまらないのです。















IMG_5215.jpg

サインはお尻に彫りました。






IMG_5216.jpg


動かない鳥として有名なハシビロコウです。

個展会場でも、じっとしていますので良かったら連れて帰ってください。
































アルパカを彫りました。




IMG_5218.jpg




これは、なるべくアルパカの写真は見ないようにしました。


最初にチョットだけ見て、あとは自分のイメージで作ります。




IMG_5219.jpg


当然、分からない所が出てきますが意地でも見ません。

そうすると、自分の「馬鹿」が前面に押し出されて無邪気な形が出てくるように思います。








IMG_5220.jpg

サインは、お尻です。














IMG_5221.jpg


埴輪のアルパカって感じになりました。



IMG_5222.jpg


アルパカも、会場でお待ちしております。
















それから、






『ちょうちょ』です。













IMG_5223.jpg




これは、昆虫図鑑を引っ張り出してきて

ちょうちょを研究しました。









IMG_5224.jpg




研究の成果が一番でているのは、顔です。

ちょうちょは意外と怖い顔をしているのです。





IMG_5225.jpg



羽と本体は磁石でくっついています。

ですから、鉄なら何処でも飾れます。




IMG_5226.jpg



昆虫図鑑によると、ちょうちょは足が6本あるそうです。(4本にしか見えない種類もいるそうです。)


ですが、造型的に見て4本にした方が良いと思いました。









IMG_5227.jpg



ここだけは、泣く泣く嘘をつきました。




































それから、コチラ。




















IMG_5228.jpg




左から、アリ地獄ちゃん、ガイコツの死神ちゃん、てんとう虫ちゃんです。




IMG_5229.jpg




これは、一目瞭然、ご覧の通り。

昆虫図鑑で研究しませんでした。



しかし、ガイコツの死神ちゃんは

どうしても僕の人体解剖学の知識が邪魔をしていて、

いまいち自由に成りきれていません。









知識というのは、恐ろしいものです。





















死神ちゃんは、『死』の象徴です。

アリちゃんに、死の影が忍び寄っています。

IMG_5230.jpg





天敵のアリ地獄ちゃんに襲われています。

てんとう虫ちゃんは、すでに気絶中。


IMG_5231.jpg


もうだめだー!

IMG_5232.jpg






















ふざけんじゃんネぇー!










IMG_5233.jpg






























めでたく

昆虫一門が結成されました。


IMG_5234.jpg



昆虫図鑑を見ておりますと、彫刻にしたくなる虫が沢山いました。

これからちょくちょく彫って、増やしていきたいと思います。


IMG_5235.jpg


ちょうちょをとったところです。小さな磁石で止まっています。

IMG_5236.jpg


昆虫は短い命ですから、死神ちゃんとも仲良しです。

IMG_5237.jpg















ちくわ一門、ハシビロコウ、アルパカと記念撮影です。




IMG_5238.jpg

IMG_5239.jpg






















なにやってんすか?





IMG_5240.jpg

ちくわ師匠、ちょっとやってみたかったんですね。



























早くちょうちょになりたいなぁ。

IMG_5241.jpg














アリちゃん、ちょっと油断すると殺されそうになります。

IMG_5242.jpg

アリ地獄ちゃんの業ですね。
















































ロボットちゃんをまじえて。

IMG_5243.jpg



むき身のさやいもむし君、膝の上で嬉しそうにしています。
IMG_5244.jpg














IMG_5245.jpg



昆虫一門も、個展に出品します。




もちろん、ロボットちゃんもです。









「えっ、君、なんか形おかしくない?」


IMG_5246.jpg

「…うるさいよ。」
























最後に、これも個展出品作。

木彫マリオネットのコウモリちゃんが、踊りまくります。













前回の踊りと違うので、是非ご覧ください。↓
























5月11日から6月3日まで。

ギャラリーオモンマテントです。


よろしくお願い致します!

















今日もきてくれてありがとうございます。

  1. 2012/05/02(水) 16:38:35|
  2. 彫刻作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デッサンから彫刻が出来るまで

 僕は、苦労してこの一枚のデッサンを描きました。
























IMG_4146.jpg
 






この人の肖像を頼まれたからです。↓


IMG_4145.jpg




この人は、昔、インドで按摩さんをなさっていた偉い方だそうです。


今に伝わるタイ古式マッサージの家元なんです。












『タイマッサージの創始者は、今から約2500年前の時代を

お釈迦さんと共に生きていた インド人のシヴァカ・ゴーマラバット師とされているそうです。

彼は お釈迦さんの主治医であり、当時サンガ(仏教僧の集団)の筆頭医師として活躍していました。

彼の伝説は、現存する様々な仏教文献に残されています。』









この、インドの按摩の親方の肖像を注文していただいた方は、

東京、中目黒でサルビア・サルワーレというタイ古式マッサージのお店をやっている方です。


店内風景↓

IMG_1954.jpg


タイ古式マッサージをお客さんに施術するお部屋に飾って頂けるそうです。

IMG_1955.jpg













そんなこんなで、冒頭に出てきた

このデッサンを描いたわけです。

IMG_4146.jpg




しかし、僕は

どうしても『手』の動きとフォルムに納得が出来ません。

どうも気に入らない。 モヤモヤします。


























あとは、完璧です。

足といい、顔といい、全体の雰囲気といい、非の打ち所がありません。
























そこで僕は、『手』の部分だけ、

何べんも何べんも、描いて試行錯誤をするのです。




IMG_4148.jpg



ただ一つの真実の線を見つけるために、全神経を集中させます。

自分が線を描くのか、線が自分を描くのか、という造形の極地であり

『色不異空、空不異色』という禅的な境地でもあります。














IMG_4150.jpg

























IMG_4149.jpg

途中で、我を忘れて『ピース』の練習をしてしまいました。





























こんな話があります。















昔、高名のお相撲さんが連勝の記念に、これまた高名の画家に絵を一枚描いて欲しいと頼んだそうです。


画家は引き受けたが、いつまでたっても絵が出来てこないので、しびれを切らし


何度も催促して、やっと出来てきたものを見たところ



大きな画面に、弓が一張り描いてあるだけだったそうです。



お相撲さんのガッカリとした表情を見て、画家はアトリエにお相撲さんを案内する。



すると、そこにはうずたかくつまれた弓の習作がある。



画家は、ピンと張った弓の糸を表現する一本の直線を引くために、


何年もかけて無数の習作をなさねばならなかったのです。


それを見てお相撲さんは感激し、その一張りの弓の絵をおしいただいて帰ったという話があります。































































































これは是非、僕もやってみたい。



















ですから、こうやって『手』の習作をかさねているのですが、


いつまでたっても依頼主が殴りこんでこないので困っています。






































『手』の造形について色々考えて描いているうちに

わけが分からなくなってきます。


彫刻の『手』のポーズさえ考え直さなければいけない気がしてきました。



















これはもう、



いっかいチャラにして、色々なポーズで『手』をバッチリ描いて研究しなければダメです。



































IMG_4147.jpg














『手』を描いてみて、僕は何かを掴んだ気がしました。



















そこでまた、インドの按摩さんの全身像をデッサンしてみます。


















































IMG_4151.jpg




完璧です。

























習作を重ねたお陰で、手の表情がビシッと全体と調和しています。













すごい完璧です。








































やっと、木にデッサンができましたが、

IMG_4152.jpg

『依頼主の殴りこみからの習作見せ&感動』はおじゃんになってしまいました。















ノコを入れて、余分なところを落としていきます。

IMG_4153.jpg



さらに、チェーンソーやノミで大まかに落としていきます。

IMG_4154.jpg




「あんたこれインドの偉い人でしょ?」と妻は心配していましたが、

IMG_4155.jpg

昔の人だから、もう身寄り頼りも居ないし苦情の心配はありません。





































ノミでさらに彫っていきます。形が出てきました。

IMG_4156.jpg



細かい部分も彫りつつ、形を滑らかにしていきます。
IMG_4176.jpg



だいぶ出来上がってきました。
IMG_4177.jpg




目に穴を開けておいて、彫りは終了です。
IMG_4193.jpg



















以前彫ったコウモリちゃんの注文を受けていたので、そちらも彫りが終了です。

オリジナルのコウモリちゃんについてのブログ記事です。↓
                            コウモリちゃん


IMG_4172.jpg

IMG_4175.jpg















タイ古式マッサージくんに着色していきます。





最初はベースに白を薄く塗ります。
IMG_4194.jpg




ブルーをかけて。
IMG_4195.jpg



着物に黒を塗ります。
IMG_4196.jpg





ちょっと赤みをかけて。
IMG_4197.jpg



着物に金を塗ります。
IMG_4198.jpg




黄色を薄くかけて。
IMG_4199.jpg




着物を赤くします。
IMG_4200.jpg








肌色を整えて。

IMG_4201.jpg




さらに色彩に変化をつけていきます。

IMG_4202.jpg



さらにさらに深みが出るように、色を重ねます。
IMG_4203.jpg




写真では分かりにくいですが、もっともっと複雑な色にします。
IMG_4204.jpg

























これくらいになったら終了です。


IMG_4205.jpg
あとは目を入れて、鑿跡を際立たせる細工をして、完成です。↓



























































IMG_4247.jpg















内股のコウモリちゃんも完成です。

IMG_4249.jpg



この着色も、色んなことをやっています。
IMG_4250.jpg



コウモリちゃんの見所は後姿です。
IMG_4251.jpg




サインはお尻に入ってます。
IMG_4252.jpg






コウモリちゃんは、僕にしては珍く人気の作品です。
IMG_4253.jpg

3万円で作ってますので、宜しくお願い致します。
IMG_4254.jpg




ちくわ一門との記念撮影。
IMG_4244.jpg





























さて、


デッサンで習作を重ねたかいがありまして

お釈迦さんの主治医、インドの按摩ちゃんが出来上がりました。



























IMG_4255.jpg





この手の生き生きした感じは、アトリエにうず高くつまれた習作のたまものです。

IMG_4256.jpg





「インドのお偉いさんをこんな風につくって大丈かい。あんた。」と、妻がまた言いました。

IMG_4257.jpg




「タイ古式マッサージ協会に怒られるで。あんた。」
IMG_4258.jpg

「タイの人は気が荒いで。あんた。」
IMG_4259.jpg


「タイの大使館の庭にデカイ松の木があるんや。そこに縛り付けられるで。あんた。」
IMG_4260.jpg


「そんで、夜中になると、アリかなんかに喰われてワァーッってなるで。あんた。」
IMG_4261.jpg















僕は、だんだん怖くなってしまいました。


IMG_4262.jpg


しかし、アトリエにうず高くつまれた習作を見れば、大使館の人も納得するはずです。

IMG_4263.jpg

つまり、僕の憧れ『はりつけからの習作見せ&感動』です。













































しかし、どうでしょう。なかなかインド人のお偉いさんらしく出来ました。哲学的ですらあります。

IMG_4264.jpg



僕もたいへん気に入っています。
IMG_4265.jpg


東京の中目黒にある、『サルビアサルワーレ』というタイ古式マッサージのお店に

この子は立っています。見に行きがてらマッサージを受けてみてはいかがでしょうか?


IMG_4266.jpg



サインは下に入れました。ちなみに女性限定のお店だそうです。

IMG_4267.jpg



















そして、もう一つ作品完成しました。




びっくりする猫です。↓






































ブログ 001


ブログ 002

ジャンプしてるイメージです。
ブログ 003

尻尾をつかって三点で自立しています。
ブログ 004

気弱な後姿。
ブログ 005

色は上手く塗れました。熱帯魚にこんなのいたなぁ。
ブログ 007

弓状のアウトラインが美しくできたと思います。
ブログ 008

僕の家の猫をビックリさせて観察すると、意外と、猫は無表情にビックリします。
ブログ 009

そこがまた可愛いのですが。
ブログ 010

しかし、ちょっぴりおびえの表情も忍ばせなければいけません。
ブログ 011

猫は気位が高いのでビビッてる顔は見せたくないのです。
ブログ 012


ブログ 013


ブログ 014


ブログ 015


ブログ 016


ブログ 017

気品のあるビビリを目指しました。
ブログ 018


サインは足の裏に入っています。
ブログ 021

この作品も僕のお気に入りです。
ブログ 019





この猫の表情と言うのは、

入梅時に共同便所へ裸足で入って行って、

出たとたんに金貸しに会ったような心持の時にする表情とでも言いましょうか。


ブログ 023

非常に微妙なものです。
ブログ 024


ブログ 025






































そして、もう一つ。新作です。























ブログ 026



感じの悪いハトです。










ブログ 027


ちょっと上目遣いのハトです。
ブログ 028

発作的に夢中で作りました。
ブログ 029

学生の時、沢山、粘土でハトを作りました。
ブログ 030

芸大の試験に出るからです。
ブログ 031


鳥というのは、飛びますからフォルムに一切の無駄が無いのです。
ブログ 032

ですから、べらぼうに美しいですし、めちゃくちゃ難しいです。ごまかしがききません。
ブログ 033



でも、まぁ、普通に作ってもなんですから不良のハトにしました。
ブログ 034

学生の時、受験のために作っていたハトより、こっちのほうが楽しかったです。
ブログ 035

ブログ 038

ブログ 039

ブログ 040
ハトはやっぱり可愛いです。
ブログ 041

ブログ 042
大きさは、本物のハトと一緒くらいです。










































猫とハト。





ブログ 043








「横になれ。」「はい。」
ブログ 044


「ええ眺めや。」
ブログ 045















このコンビもなかなか良いようです。

ブログ 046

























































最後に、




ご存知、ちくわ一門との記念撮影です。









































ブログ 047


ブログ 049






おたまじゃくし君と相性バッチリではないでしょうか。
ブログ 050



ハトと猫。完全にハトが上位です。
ブログ 051









すごい集まりです。

ブログ 053
















































「えへへへ。いいでしょ。」
ブログ 054


「しーん。」
ブログ 055

「あれっ!!」
ブログ 056

「えへへへ。」「うふふふ。」
ブログ 057


「うふふふ。」「えへへへ。」
ブログ 059








「うふふふ。」「えへへへ。」
ブログ 060























































今日も来てくれてありがとうございました。









































































ブログ 061
  1. 2012/02/07(火) 08:57:11|
  2. 彫刻作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ