シド工日記 (しどこうにっき)

仏師の流れをくむ彫刻一家にたまたま生まれ、私自身は5代目の彫刻家です。田島享央己(たじま たかおき)と申します。美術界の「フチ」にかろうじて手をかけている者ですので、どうかご存知のない方はこれを機会に覚えていただけると嬉しいです。

展覧会のお知らせ

第80回記念 新制作展において

新作家賞を受賞しました。

タイトルは、『Forgetful』

IMG_4668_20160831094652b14.jpg


木彫(クスノキ)の等身大です。 モデルはいません。

IMG_4669.jpg





作品タイトルの 『Forgetful』 は、ジャズのスタンダードから。



IMG_4674.jpg








忘れっぽい 忘れがちな 怠慢な 無頓着な (人を)忘れさせる 忘却を誘う

と、いうような意味です。






IMG_4671.jpg






六本木の国立新美術館にて、開催される新制作展に展示されます。







IMG_4670.jpg









第80回新制作展

国立新美術館

 東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札6番出口 (美術館直結)
  
 都営大江戸線 六本木駅 7番出口から徒歩4分
  
 東京メトロ日比谷線 六本木駅 4A番出口から徒歩5分


■9月14日〜 9月26日
 10:00~18:00
 (入場17:30まで)

■金曜夜間開館 9月16日・23日 20:00終了
  (入場19:30まで)

■最終日9/26(月) 
 14:00終了 (入場13:00まで)

休館日 9月20日(火)

■一般800円 学生・65歳以上無料



IMG_201608310946488cb.jpg




IMG_0001_20160831094651c8c.jpg





私もトークします↓



IMG (2)

























是非、ご高覧ください。












IMG_4680_2016083110084328d.jpg



IMG_4679_20160831100841348.jpg


IMG_4677.jpg


IMG_4673.jpg


IMG_4672.jpg


IMG_4684_20160831101423bbd.jpg


IMG_4681_201608311014204bc.jpg


IMG_4678_2016083110142001e.jpg















制作工程です。








まず、小さなモノをざっと粘土で作ってみます。

IMG_4245_20160831160343293.jpg


次に、発泡スチロールで実際の大きさに彫ってみます。


IMG_4575_201608311603498b1.jpg


IMG_3867.jpg



IMG_3868.jpg


IMG_3869.jpg


IMG_3870.jpg

使う道具は包丁です。

IMG_3871.jpg


IMG_3866.jpg


IMG_3954.jpg


IMG_4402_20160831161814a02.jpg


こんなもんでいいでしょう。

IMG_3980_2016083116132841e.jpg











そして、







今度はいよいよ木にうつります。


樟です。これを彫っていきます。

IMG_4140.jpg




チェーンソーで大まかに切り出します。


IMG_4176_20160831162024d82.jpg


余分な所を取っていきます。

IMG_4177_201608311620268ac.jpg


このあたりまでは、数種類のグラインダー、チェーンソーで彫っています。

IMG_4178.jpg


だんだんと電動工具からはなれ、手道具で彫っていきます。

IMG_4179.jpg


粗彫りの時にいつも使う鑿。

田島家3代が誂えた代々の小信(コノブ)の作です。

祖父が千代鶴是秀に注文した鑿が2本混じってます。

IMG_4207.jpg



IMG_4206.jpg


制作中は横に倒したり、逆さにしたり色々ことをします。

IMG_4196_2016083116312728e.jpg


形が見えやすいように、白を塗りながら彫り進めていきます。

塗っては彫り、塗っては彫りの繰り返しです。

IMG_7396.jpg


IMG_4243.jpg



IMG_4244_20160831164337804.jpg



だいぶ出来てきました。手道具も小さな彫刻刀や、ヤスリになってきます。

13494885_1336210869737421_899746952356119816_n.jpg



13627110_1345465688811939_4775683842318274781_n.jpg



頭と腕は別材ですので取り外して作業する時もあります。


13631632_1348031931888648_7720354348404899917_n.jpg


13770412_1359544844070690_8964678524984493048_n.jpg


13707698_1359544850737356_5106093801139874679_n.jpg


顔の細部を彫っていきます。

12472498_1364583256900182_2452212236013069183_n.jpg


そろそろ頭と腕を接着します。


13938370_1372396839452157_6308365958360318842_n.jpg


接着前に細部の仕上げ。

13882251_1377407402284434_8415489868512464083_n.jpg



13907194_1377407385617769_3292369541636600428_n.jpg


くっつけて、肩や首周りをさらに彫ります。


13902582_1380421211983053_5457018827108544980_n.jpg








14088618_1387334577958383_7526729878946928563_n.jpg


13962486_1387334674625040_496754525654244835_n.jpg








そして、



完成。


























IMG_4676.jpg


小さな粘土を作ってから、ここまで8カ月かかりました。



IMG_4675_20160831101416ac6.jpg




IMG_4687_201608311018556be.jpg










IMG_4686_20160831101854e15.jpg



IMG_4685_201608311018533f9.jpg



IMG_4682_20160831101849504.jpg





IMG_4692.jpg



IMG_4691_2016083110205831c.jpg



IMG_4690_20160831102056a02.jpg



IMG_4689_20160831102054110.jpg



IMG_4688_20160831102053782.jpg




IMG_4697.jpg



IMG_4696.jpg



IMG_4695.jpg



IMG_4694.jpg



IMG_4693.jpg





IMG_4702.jpg



IMG_4701.jpg



IMG_4700.jpg



IMG_4699_2016083110250225e.jpg



IMG_4698.jpg



IMG_4703.jpg



IMG_4704.jpg



IMG_4705.jpg



IMG_4706_201608311027302a6.jpg














9月14日から9月26日まで。

東京の六本木、国立新美術館。

新制作展にての展示です。






ご高覧下されば幸いです。

よろしくお願いいたします。











タイトルの 『 Forgetful 』 は Chet Baker の、この演奏からとりました。







以前から魅かれている曲で

彫っている最中、ずいぶんと聴いていました。


今回の彫刻は

なんとなくですが、この歌詞の中の女性をイメージしています。


lately
you've been so forgetful
a kind of a stop and go forgetfulness
that bothers me

kisses
i once had a netful
but you've been forgetful
and i'm never kissed
and it bothers me

romance
never any romance
no chance
and it bothers me

and someday
when you are regretful
you'll wish you had tried much less forgetfulness
you'll be upset

and forgetful
won't be able
to forget



続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/09/13(火) 19:41:20|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

偽物にご注意!

私の制作した木彫作品、 『チベットスナギツネ』 が、




IMG_9887.jpg





贋作されました。

IMG_9892.jpg


















このたび、シドロモドロ工作所のウェブサイト等の画像を無断で使用し、「田島享央己」の名をかたり

物品等を販売する 「偽サイト」 が開設されていることが判明いたしました。












現在、彫刻家 田島享央己 が正規運営しているウェブサイトは以下の通りです。



シドロモドロ工作所ウェブサイト

シド工日記

彫刻家田島享央己facebookページ

シドロモドロお彫刻教室facebookページ

シドロモドロお彫刻教室ウェブサイト

シドロモドロ工作所 Twitter

instagram














これら以外は 「偽サイト」 ですので 「シドロモドロ工作所」 及び 「田島享央己」 の表記等があっても

個人情報を入力することや、代金振り込み等をすることの無いようにお願いいたします。


特に外国語のウェブサイトで日本円以外の通貨で販売されている場合は、悪質な詐欺の可能性がありますので

くれぐれもご注意ください。






現在、確認されている偽サイトはコチラ↓

偽サイト その1


SNS等で、皆さんが

よってたかってこの「偽サイト」を分析してくれたので、わかった情報を貼っておきます。


■「復刻」とは日本語の意味の「復刻」ではなくて、

田島享央己作品原版復刻藏狐木雕禮品で、

『田島享央己のチベットスナギツネ彫刻オリジナル作品』という意味。




IMG_9888.jpg



■本店會竭盡全力 還原田島享央己大師的全部作品!不定時上新,請大家關注我們吧

この文章からすると、先生の作品を他にも制作中って感じしますよね。

全作品コピー目指してるような、、。不定期更新だけどみんな私たちに注目してね!て書いてあるし、注目しましょう。



IMG_9889.jpg


IMG_9890.jpg


■ちなみに、小丁丁は、ちんこ、です。

4月26日にチベットスナギツネたくさん作りおえたみたいですね。

本物の制作風景の写真を転用して、こんな風に作ってるよ、て紹介のされ方してるのが特に悪質でいやですね。




IMG_9896.jpg


■湖北省の武漢という地域の人間が販売している。



IMG_9895.jpg


■写真の下の文章は、日本人彫刻家田島享央己作手作りキツネの木彫り 贈呈品(プレゼント)

と、記載されています。 贈呈品(プレゼント)はネット検索が引っ掛かりやすいようによく使うそうです。




IMG_9894.jpg






IMG_9893_20160907100054dbb.jpg


IMG_9891.jpg




















以下の画像は、おそらく購入者がアップしたものです。↓





IMG_9902.jpg


IMG_9901.jpg


IMG_9900.jpg


IMG_9899.jpg


IMG_9898.jpg


IMG_9906.jpg


IMG_9905_20160907102337de5.jpg


IMG_9904_20160907102335881.jpg


IMG_9903.jpg











そして、もう一つの「偽サイト」がコチラ↓



偽サイト その2



このトップに使用されている画像は、私が作った真作です。写真も私が撮影しました。



IMG_9910.jpg







IMG_9909.jpg


■今度は杭州で、違う店舗ですね。武漢の店舗は色付けしてなかったけど、この店舗は色付けしてる。。

取り扱い商品の並びからすると、この店舗が制作しているのではなくて、

仕入れて販売しているような感じがするので、写真転用はこの店にクレームを入れて、

贋作は制作しているところに注意しないといけないですが、なかなかつきとめるのは難しそうですね。




IMG_9907.jpg


IMG_9908_201609071025317f6.jpg





















と、いうようなわけで

本当に困っています。

中国語は、シェーシェー、ラーメン、ギョウザ、何々アルヨ、しか知りませんので

文句も言えません。




念力は使えますので、朝と晩に、「やめてやめて」 と中国の方へテレパシーを送っているところです。




























妻にこの贋作騒ぎを報告したら

もの凄い怒りました。

以下、妻談。




































「アンタ、そのうち向こうで 偽田島享央己 が出てくるで!」

「新加勢大周みたいなの!新田島享央己(笑)」

「180くらいのスラッとした金城武みたいな人が私が田島享央己です。私が作りました。って言われたら、あんた終いや!」

「汚ったないマンチカンみたいなアンタが向こう行って、私が本物です!なんて言っても誰も信用しないで!」

「向こうはドーベルマン、アンタはマンチカンなんだから。もうアンタには一生舞台はまわってこんぞ!」


















もの凄い楽しそうに

偽田島享央己(180㎝金城武風イケメン) VS 私 (汚ったないマンチカン) 

の攻防を語ってくれました。


「向こうは四万十川、アンタはドブ川。」

勝ち目は無いそうです。



















お知恵をお貸しください。


よろしくお願いいたします。


  1. 2016/09/07(水) 11:25:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

本の表紙になりました。


IMG_7948.jpg


文藝春秋という超大手出版社から刊行される、 ロベルトからの手紙 の表紙カバーの木彫を拵えました。

内田洋子さんという講談社エッセイ賞と日本エッセイスト・クラブ賞をダブル受賞した、”どメジャー”な方の最新作です。


天下の文藝春秋+史上初ダブル受賞作家の先生+在野の在宅インディーズ貧乏彫刻家 という異色のコラボレーション。


全国の書店で8月9日発売です。



















内田洋子さんは、イタリアのミラノ在住です。



皆さんも、イタリアのミラノといったら、

『サイゼリヤのミラノ風ドリア』 くらいしか思い浮かばない方ばかりだと思います。






最初、内田洋子さんにお声をかけて頂いた時、

私の日常と、『ミラノ在住』というフレーズが余りにかけ離れていてボンヤリしてしまいました。












ちょっと興奮気味に家に帰って、妻にこう言いました。


























「ミラノ在住の有名な作家さんに表紙をやってくれと言われたぞ。

お前なんかミラノと言ったらサイゼリヤのミラノ風ドリアくらいしか知らないだろ。

この田舎者め。まぁあとは知っててカプリチョーザどまりでしょうな。あははは。」


















































「それは全部おどれの発想だろ。自分の人生だけでモノを言うな。」 

と言われました。





























よくよく考えると確かにそうです。取り乱してしまいました。














このブログに来て、読んでくださっている方々にも、



「サイゼリヤのミラノ風ドリア位しか知らない」




というレッテル貼りを冒頭にしてしまいました。






申し訳ございませんでした。











































IMG_7969.jpg



裏表紙にも小さく後ろ姿が。


IMG_7970.jpg




ちゃんと名前も載ってます。

IMG_7971.jpg





帯を外すとこんな感じ。  余白も完全に計算しているのがよくわかります。

隅々まで神経が行き届いた美しい装丁だと思います。

IMG_7972_20160801084132a38.jpg



IMG_7973.jpg




IMG_7975.jpg































内田洋子さんが、表紙作品を私に依頼した時の手紙が、あとがきにかえて掲載されています。


その手紙と内田洋子さんの他の著作、

そして、ロベルトからの手紙の「ゲラ刷り」を読んでから彫りました。




IMG_7976.jpg


読んで落涙しました。



悲しくなるのではなくて、なんか涙が出ました。

うまく言えませんが、夕陽を見て悲しくないのにホロッとくる感じというか。













上質のエッセイです。 是非読んでみてください。










































内田洋子さんからの「お題」は、羽の生えた足でした。



IMG_6910_20160801092639e88.jpg



これは、1歳半の娘の足がモデルです。









赤ちゃんの足のようで、大人のようで、子供のようで、男の足のようで、女のようで。

と、いうような感じに私はしたかったのです。




羽も足もリアルにしすぎず、ちょっとトンマで、ほんのりたどたどしく。

全体に可愛いような雰囲気をまとわせたかったのです。






樟の一木です。

高さは20㎝弱。


羽だけに透明水彩の白で着色しています。








IMG_7987.jpg



























■天下の文藝春秋刊行

■講談社エッセイ賞と日本エッセイスト・クラブ賞ダブル受賞作家

■内容が非常に良い 






と、いう要素がこの本にはあります。























これは、


売れなかった場合、



確実に私のせいになります。




























私を推した『内田先生の御乱心』ということで片づけられてしまうでしょう。

田島なにがしは駄目という回覧板が業界でまわります。

表紙の依頼は金輪際こないでしょう。



そして、急遽、帯がもの凄く太くなると思います。




これ帯?カバー?くらいの、もの凄い太い帯になるのです。




皆さんは書店で、もの凄い太い帯に変更になったこの本を見ることになります。




皆さんが買わなかったからです。

ミラノと言ったらサイゼリヤのミラノ風ドリア位しか知らない皆さんのせいです。







別に責めはしませんが、この事だけはずっと胸に刻みこんでください。



そして、近くの川で顔を上げずスーっと海の方へ流れていく水練の達人を見たら、

それは私ですので

その時はよろしくお願いいたします。


























IMG_7988.jpg



今日も来てくれてありがとうございました。
  1. 2016/08/01(月) 11:23:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彫刻の絵本

結婚したての頃、カネが無くて


「そうだ!絵本を作ればいいんじゃない。彫刻を使って作ろう!

そして、出版からの大ヒット。

もうお前はあくせく働かなくていいんだよぉ。

日がな一日、お庭のお花の手入れでもしていればいいんだよ!

みんなで、ホカホカホカホカ楽しく暮らそうよ!」




と、言いながら

何日もかけて彫ったものです。

そして、ご存じのように42歳になった今でも、キッチリ潜伏しておりますので、

妻はお花の手入れが出来ないでいますし、お庭もありません。




一場面、一場面、全て、違う作品です。

同じモノを使えば良いのに、当時の僕は非常にとんがっていましたので、

この効果が薄い無駄な事をグイグイやる馬鹿さがありました。


今読むと、ギャグがちょっと甘いなぁと思いますが、














ちょっくら、読んでみてくださいまし。


















IMG_3918.jpg


















IMG_3920.jpg












IMG_3921.jpg












IMG_3922.jpg













IMG_3923.jpg













IMG_3924.jpg













IMG_3925.jpg













IMG_3926.jpg













IMG_3928.jpg













IMG_3929.jpg













IMG_3930.jpg













IMG_3931.jpg













IMG_3932.jpg













IMG_3933.jpg













IMG_3934.jpg













IMG_3935.jpg













IMG_3936.jpg













IMG_3937.jpg













IMG_3938.jpg













IMG_3939.jpg













IMG_3940.jpg













IMG_3941.jpg


























































使用した作品。

RIMG0207.jpg















この作品は、もう手元には1個も残っていません。








アトリエで作業している事が、たとえ100円でも

お金に変わらないと不安でしかたがなかった時期です。











(あんたは、ただただ木を削って小さくしているだけ。と、妻に言われていました。)











少しでもと思い、檀家の皆さんに

お値打ち価格で買ってもらいました。




















今、あらためて見てみると、

ずいぶんウブな彫り方をしていて、キュンとなります。





プロットも、比較的上品です。

狂ってない。


あえての全編無表情、無着色のストロングスタイルなところに、

芸人ロマンと若さを感じて、本当に恥ずかしいです。




























「ねこさらっちゃった」 

から15年。







描いた絵本が→ 「ねえおじさん、ねこおじさん。











ねこおじさんの評判は、一部の酔狂者、および檀家の皆さんのごく一部 には、凄くよいです。
















ですから、






















出版からの大ヒット。

みんなで、ホカホカホカホカ楽しく暮らすんだよ~!




と、いうワケには

まだまだいかないようです。






















また何か描いてみます。


























今、うっすら構想しているのが、





















































「ねこおじさん2~怒りの代理戦争~」 です。


























今日も来てくれてありがとうございました。
  1. 2016/04/03(日) 15:05:36|
  2. よもやま噺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

展覧会のお知らせ

この作品を出品します。

 作品タイトルは Left alone ←詳しくはコチラをクリック

IMG_2527_20160330104045a87.jpg


木彫。

等身大です。


千葉県立美術館にて開催される歩会彫刻展に展示されます。

硬派な彫刻家が集まった、40年も続く歴史ある展覧会です。




IMG_20160330105750cad.jpg



昨年秋の新制作展出品作品ですが、

見逃してしまって口惜しくて夜しか眠れない方

チャンスですので、散歩がてらにぷらっとご高覧くだされば幸いです。

近くに、

「あぁなんか、千葉まで来ちゃったなぁ…。」 「そうね…。」  で、お馴染みの名所。千葉ポートタワーもありますし、

美術館の常設収蔵作品はとっても良いです。











などと、呑気に言えない位に行きにくい所にありますが

「電車賃使ってまで来るんじゃなかった」

などと、嫌な心持ちになることは無いはずです…無いんじゃないかな…。ま、ちょっと覚悟はしておけ。













などと、先日銀座で開催したグループ展で言ったら、

本当に私の檀家さんだけポッカリ誰も来なくて

「皆さん素直に言う事を聞き過ぎぃ~!」

と、ジャーマンスープレックスホールドの様にのけ反ってしまいましたので

素直に今から言いますから、皆様におかれましては耳の穴かっぽじいてよく聞いてくだされば幸いです。






ご高覧下さい。(深く深く頭を下げる。目に涙を浮かべながら。)







4/30(土)は

13時30分から"作家によるギャラリートーク"もあります。

私もトークします。

娘が急に熱を出し保育園から妻に電話がかかってきて、





「あんた、ギャラリートーク休んで迎えに行けるよね?」

と、優しくドスのきいた声で言われたら行きません。







私も学生時代、ピンポンと切手集めとホットヨガと銀杏拾いと墓参りをやっていましたから、

精神肉体共に強靭ですが、お客様が少ない&ギャラリートークで誰も質問してくれない と

流石に堪えますし、シャケの量も増えます。




静かな会場で1人、腐ったハマグリの様にパカッと口を開けて居りますと


「俺の様なモノなんかお袋から産まれてこないで木の又からでも産まれてくれば良かったんだ」

と、深く思い悩み、ツーっと落涙。そのあと爆笑。






こういうオジサンが会場の角で膝をペロペロ舐めながら

「しょっぱいなぁ。」

と、独り言を言いながらお待ちしているので

お気軽に話し掛けてくださいね。











第42回 歩会彫刻展

4/26(火)〜5/8(日)

千葉県立美術館 10:00〜16:30入場無料

※5/2(月)のみ休館

ギャラリートーク 4/30(土)13:30〜


■電車・モノレールでお越しの場合

  JR京葉線・千葉都市モノレール 「千葉みなと駅」 下車 トホ10分 トホホで15分

■JR総武線 「千葉駅」 から バスをご利用の場合

  千葉駅西口 26番のりば 千葉みなとループバス タワーコース 千葉ポートタワー行き
   「千葉みなとリハビリ病院」 下車 トホ3分 トホホで5分
 









ひとつよしなに。









  1. 2016/04/02(土) 09:00:00|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ