シド工日記 (しどこうにっき)

仏師の流れをくむ彫刻一家にたまたま生まれ、私自身は5代目の彫刻家です。田島享央己(たじま たかおき)と申します。美術界の「フチ」にかろうじて手をかけている者ですので、どうかご存知のない方はこれを機会に覚えていただけると嬉しいです。

タコピエタを買ってください。

YEAR END EXHIBITION OF MINI SCULPTURES 2016

12月7日(水)~21日(水) 11:00~18:30 日曜休廊 最終日17:00まで

東京 銀座のギャラリーせいほうにて開催される

年末小品展にお呼ばれしたので、出来たてホヤホヤの タコピエタ 1点を展示販売します。

134.jpg







昨年、イカピエタを出品した同じ展覧会です。

「イカピエタ」の所を「タコピエタ」に脳内変換して読んでください。私の思いはだいたい一緒です。


イカピエタ




12月7日11時からの早いモノ勝ちです。

(会期中は展示されます。価格はギャラリーにお問い合わせください。)

同じものは二度と作りません。


寒いし、年末の忙しい時にわざわざ出かけるのは億劫だと思います。

しかし、見逃すより騙された方が幾分ましです。

銀座を散歩がてら、是非見に行ってくださいまし。




タコピエタの買い方は、現地に行っても、電話(ギャラリーせいほう 03-3573-2468)でも、どちらでも構いません。

コチラを読んで参考にしてください。


彫刻の買い方

ギャラリーでの並び方


























先日の坂戸(開場15分でほぼ完売)と、中目黒(開場8分で完売。先頭の人は朝7時から並ぶ)

の展示で分かった事は、早く会場に来て並ぶ方が有利だという事です。


※私のようなインディーズの彫刻家の為に本当にありがとうございます。1点しか作れなくて申し訳ない気持ちです。




顔面蒼白で頭から血を噴き出しながら 「コレクダサイ」 と言う人と

電話の人がいたら、

※電話して頂いた方々も本当にありがとうございました。(目に涙を浮かべながら)


ギャラリーの人も、目の前で具合が悪そうな人の方をつい優先してしまいます。


しかし、

「どうせ無理だろうなぁ」

と、全員が思ってしまった場合、電話の人が鮮やかにかっさらっていくのです。





















































121.jpg






高須先生もタコピエタ狙いをツイッターで表明し、ネットが少しザワつきましたが

ギャラリーの入り口に1番で立って居れば、いくら高須先生がヘリで来ようが

権利は頭から血を噴き出しながら辛うじて立っている先頭の人です。

しかも、傷は高須先生が治療してくれるはずです。








































ギャラリースタッフも人の子です。

この寒空にわざわざ来てくれる人を邪険には扱えません。

































想像してください。









































展覧会当日の朝、ギャラリーの人が出勤してきます。

すると、まだシャッターが閉まっている入口の前に、

カジュアルな宇野重吉のような人がブルブル震えながら立っています。


身なりは粗末なものです。

背中には乳飲み子をねんねこ半纏でおぶっています。


手にはデンデン太鼓と汚い風車。

師走の風がカラカラと風車を寂しく回します。

ふと、足元を見れば、地べたに鼻緒がすがっているかのようなチビた下駄を履いています。






























「どうされたのですか?」






「へぇ…。タコピエタが欲しいのです…。」




































こんな状況で、こんな事を言われたらマトモな人間なら

「ささっ、中へ。」 と、招き入れ温かい珈琲を淹れます。

そして 「わかりました。あなたが1番です。お売りします。」 と、言うはずです。




























珈琲の湯気の奥で、宇野重吉は何も言わずニコッと笑い、ただただ頷くのです。

寝ぼけ眼の乳飲み子もなんだか少し微笑んでいるように見えます。

デンデン太鼓がころんと一つ鳴ります。

スーパーカブの走行音が少しづつ遠のいていきます。
















































こんな感じでタコピエタが売れたら

私はどんなに嬉しいか。







































































樟の一木です。

135.jpg


着色は透明水彩。

136.jpg


目にはブラックオニキスを嵌め込んでいます。

137.jpg



138.jpg




139.jpg




140.jpg


141.jpg


142.jpg




143.jpg


144.jpg


大きさはこれくらい。

普段の価格の3分の1のお値段で特別に出品していますので、大変お買い得です。

003.jpg


サインは裏に入っています。

066 (3)



お手持ちのカツラをのっけても可愛いです。


002.jpg


001.jpg

(カツラは付属しません)









12月7日(水曜日) 11時から。 

銀座 ギャラリーせいほう にて展示販売です。


004.jpg


タコピエタは撮影してもかまいません。どんどんSNSにアップして宣伝してくださると嬉しいです。














購入を考えている方は、普段より強めに頭をかち割っても大丈夫です。

何せ、高須先生が並んでいます。

心強いです。







私は在廊できませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
  1. 2016/11/28(月) 10:50:06|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展覧会のお知らせ

【Art Of Giving展】 に出品します。

12/2金~24土

11時から19時

中目黒駅正面出口より、トホで8分、トホホで10分でお馴染みのMDPギャラリー
 
※日・月・祝日休廊

jewel_DM表-01



この展覧会の趣向は、全作品1万円ポッキリ



小品で出しても9割引きになってしまうので、ちょっと悩みましたが、参加すると決め

アトリエで出品作を選んでいると

妻が成田三樹夫みたいな顔をして谷村新司くらい真後ろに立って威圧してきました。

しかしながら、年末ですし檀家の皆様に喜んで頂きたく刑務作業の時給並みで出品します。



12月2日の11時からの早い者勝ちです。購入したらすぐお持ち帰りいただけます。

ひとりで何点でも購入可。

遠方のお客様は11時になったらギャラリーに電話して「田島享央己の彫刻くれ!」と言ってください。
コチラ↓
03-3462-0682


現地に来られる方は早めに来て、並んで待っていた方が良さそうです。


電話 VS 並ぶ  となると、並ぶ人が若干有利だと思います。




中目黒という所は、

お洒落な髭と、お洒落なメガネ、ニューバランスを履いて、ふわついたパンケーキを食べているような

最先端の品の良い街です。

本来、私のような千葉のイゾラド風情が、のこのこやってきて展示出来ない街です。




ですから、注意点とすれば




どうしても作品が欲しいからって、

ギャラリーの入り口に何日も前からブルーシートを小さく切ってガムテープで地べたに貼り

マッキーで名前をでかでかと書き、その上にどっかり座り、東スポを読みながら

吉野家の牛丼片手に待つのは止めてください。













出品作です。
↓↓↓



蟻地獄

7865.jpg

アリ

7866.jpg


てんとう虫

7868.jpg



ガイコツ

7870.jpg



ソーセージ

7867.jpg




女雛

7869.jpg



男雛

7874.jpg


これはぜひセットで持って帰ってください。

7875.jpg



クリオネ

7872.jpg



アヒル

7871.jpg




以上、9点です。







7876.jpg


全部買って並べても良いわけです。




アヒル以外は壁に掛けられるようになっています。



IMG_4950.jpg














IMG_4951.jpg




12月2日、11時オープンです。


私は在廊しませんが、よろしくお願いいたします。

  1. 2016/11/24(木) 15:16:19|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展覧会のお知らせ

 木彫作品を、いくつか 展示販売 します。
 



IMG_0004.jpg




4人展

彫刻 -  人 動物 植物 vol.2

野原邦彦 岡孝博 田島享央己 明田一久

11月23日(水)~12月3日(土)

11:00~18:00

(初日は13:00open  最終日は16:00close)

オープニングパーティー 初日16:00より (私も居ます)


※11/23(水)・24(木)は開廊、11/30(水)・12/1(木)は休廊





場所は、東京 池袋より東武東上線で坂戸駅下車。

南口より トホで3分、トホホで5分でお馴染みのアートギャラリー月桂樹です。


〒350-0234 埼玉県坂戸市緑町5-6

℡ 049-283-3377  Fax 049-283-3378





月桂樹MAP





IMG_0005.jpg












出品作品です。






IMG_4859_20161101163218b32.jpg









『チベットスナギツネのウンチをすんでのところで回避するハシビロコウ』





IMG_4825.jpg



IMG_4826.jpg




一応、バラで販売しますが、セットで持って帰って頂きたいです。

IMG_1644_201611050914460cd.jpg


IMG_1645_201611050914489c0.jpg




会場には、電卓を持って行ってください。



そして、


作品の値段 ÷ 365日   を、計算してください。

そうすると、1日当たりの「お楽しみ料」が出ます。

皆さんは毎日コンビニかなんかで、お買いものをすると思いますが

そんな値段です。

しかも、彫刻作品の耐用年数は2000年位です。


ということは、年々「お楽しみ料」はゼロに近づいていきます。


ですから、彫刻作品はタダみたいなものです。


そう考えて画廊の方に「コレください!」と言ってください。



この値段で買えるのは今だけかも知れません。

私が売れてしまってからじゃ遅いのです。

今は暗がりに生きる羽虫のような彫刻家ですが、ウッカリ世に出てしまう事も無いこともないのです。


「このまま売れず禿げて太って最後は孤独死」 と、妻には言われていますが、

万が一というのがあります。



このお値段、今だけかも知れません。










それから大事なことですが、言う前に鈍器で自分の頭を、2回強く殴るのを忘れないでください。

これで、だいたいワケがわからなくなりますので踏ん切りがつきます。







遠方のお客様は、会期が始まったらギャラリーへ電話して

「田島享央己の彫刻、買います。」

と言ってください。























それでは、


手順を説明します。









11月23日(水曜) 勤労感謝の日 13:00 になったら

受話器で後頭部2回、前頭葉2回の計4回

強く殴り、ちょうど鼻の所で Y字 に血が分かれた所で、

049-283-3377

に掛けてください。この時、間違い電話にご注意。

























あとは紅茶でも淹れて、ゆっくり休んでください。






以上です。




























コウモリちゃん


IMG_1643_201611050914464b4.jpg



横ワケくん

IMG_1642.jpg



バレリーナ

IMG_1641.jpg





不思議な2人


IMG_1566.jpg



猫に蛸

IMG_1567_20161105093011677.jpg





カッパ

IMG_1568_20161105093012a88.jpg



怒りんぼウサギ


IMG_1639.jpg





びっくりするパンダ

IMG_1640.jpg



タチヨタカ

IMG_1565.jpg









マレーグマ



IMG_1547.jpg











等身大木彫 新作家賞受賞作品の 「Forgetful」



IMG_0703.jpg












あと、娘のために彫った玩具も余興として展示します。(非売品)



IMG_4707_20161101163214a15.jpg


IMG_1646_20161105093308cd9.jpg














同じものはもう二度と作らないと思いますので、

どうかこの機会に買ってくださいまし。 早い者勝ちです。


価格は作品のキャプションに書いておきます。

来場出来ない方は、会期が始まったら画廊に電話して聞いてください。

御面倒おかけします。




私の作品は撮影OK。SNS等にアップしてもOKです。

沢山宣伝して頂けると嬉しいです。
















よろしくお願いいたします。
  1. 2016/11/01(火) 16:47:13|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

木彫作品をご購入して頂いたお客様へ

 この度は、ご注文お買上げ誠にありがとうございます。

ご縁を頂きまして当工作所にお声を掛けて頂いた事に感謝申し上げます。

ウェブサイトでの作品写真や、ふざけた屋号、ふざけた文章でご想像がつくと思いますが、

長い間売れずヒネくれてしまったおじさんが運営するどこにでもある個人経営の小さな彫刻工房です。

芸術大学を卒業し、彫刻しか出来ない輩を世間は何処も相手にはしてくれませんので仕方なく創業。

仏師の流れをくむ彫刻一家にたまたま生まれ、私自身は5代目の彫刻家です。

父、祖父は成城に家アトリエを建てたほど売れた人ですが、

当代の私は正常に脈も打てない等々、ご存知の通り見る影もありません。

この広い世の中には、私なんかよりも、

何倍も上手で、綺麗で、見やすく、安くて、感じが良く、清潔感に溢れ、才能豊富で、ふざけた事も言わず、

素直で、作者の人柄もよく、容姿も端麗で、芸術家らしいムードをキチンと備えている魅力的な彫刻家が沢山いると思います。



そんな中から、

2歳になる娘を抱きながら、さだまさしの 『雨宿り』 を聴いて号泣し、

『思い出のマーニー』 を見ては、涙ぐんでいるのを、

妻に 「なに泣いてんだよ。気持ち悪い。」 と、茶化され

「泣いてねぇし!」

と、ムキになって叫んでしまい、その勢いでテーブルの牛乳を絨毯にぶちまけ

四つん這いになり、涙と牛乳を拭くという、

私のような地下芸人のところでご購入頂けたなんて奇跡だと思います。

あなた様をあたら疎かには出来ません。ありがとうございます。


 




 当工作所には、ほとんどアピールする物なぞありませんが、

シリアスな人体彫刻から、肖像彫刻、可愛らしいオリジナルキャラクター、

動物、木のオモチャ、木彫マリオネット制作、等々。

わりと何でもやれますのでそのあたりが他の方と辛うじて差別化できる事でしょうか。

ただ作品を右から左へ流すだけでなく、

より満足頂けるように制作し、お客様の元へお届けいたします。

また次回のご用命をお待ちしております。






【木彫作品の取り扱いの注意点】


木はプラスチック等の人工物とは異なり、

木材になった後も呼吸を続け、

湿度の変化に応じて膨張・収縮をくり返します。(小さなヒビは梅雨時に閉じたりします)

そのような木の性質を考慮して制作をしておりますが、

どうしても、自然のものですので小さなヒビが入ってしまうことがあります。

それも作品の 『味』 として楽しんで頂ければ幸いです。



■冷暖房時の乾燥に気をつけてください。

■暖房時には、部屋を加湿してください。

■空調機器の近くに置くことは避けてください、ヒビ割れます。

■湿度の高いところも避けてください。 カビが生える事があります。

■霧吹き等で水をかける必要はありません。部屋全体の湿度に注意してください。

■直射日光にあてないでください。出窓などはNGです。

■汚れたときは、柔らかい布でからぶきしてください。



平たく言うと、人間の赤ちゃんが


「lkdjふぉいlrjmぽえろぽpp!あjf。」 

※(いやぁー、極楽極楽。)


と、思わずつぶやいてしまう様な

快適な空間であれば良いわけです。




作品は樟です。(くすのき)

同種の木であっても、ウェブサイト掲載の写真とは色みや濃淡など多少異なります。

またフシやシミなどのあるものも材料を大切に使うために含まれています。

これは欠点ではなく、自然素材の魅力のひとつとご理解のうえご了承下さい。



壊れてしまった場合は修理の受付をいたしますのでシドロモドロ工作所までご連絡下さい。


お買い上げ頂いてから一年以内の通常使用による破損は、無料にて修理いたします。

それ以外は有料にて修理いたします。


ご家庭で直せそうな破損については修理のアドバイスもいたします。










あと、贋作業者には売らないでください。

3Dデータをとられ、精巧な物を安く販売されると、

お家でゆっくり 『思い出のマーニー』 が見れません。





最後にもういっぺん。

本当に本当にありがとうございました。(深く深く頭をさげる)


シドロモドロ工作所 田島享央己
  1. 2016/10/01(土) 09:44:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

展覧会のお知らせ

第80回記念 新制作展において

新作家賞を受賞しました。

タイトルは、『Forgetful』

IMG_4668_20160831094652b14.jpg


木彫(クスノキ)の等身大です。 モデルはいません。

IMG_4669.jpg





作品タイトルの 『Forgetful』 は、ジャズのスタンダードから。



IMG_4674.jpg








忘れっぽい 忘れがちな 怠慢な 無頓着な (人を)忘れさせる 忘却を誘う

と、いうような意味です。






IMG_4671.jpg






六本木の国立新美術館にて、開催される新制作展に展示されます。







IMG_4670.jpg









第80回新制作展

国立新美術館

 東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札6番出口 (美術館直結)
  
 都営大江戸線 六本木駅 7番出口から徒歩4分
  
 東京メトロ日比谷線 六本木駅 4A番出口から徒歩5分


■9月14日〜 9月26日
 10:00~18:00
 (入場17:30まで)

■金曜夜間開館 9月16日・23日 20:00終了
  (入場19:30まで)

■最終日9/26(月) 
 14:00終了 (入場13:00まで)

休館日 9月20日(火)

■一般800円 学生・65歳以上無料



IMG_201608310946488cb.jpg




IMG_0001_20160831094651c8c.jpg





私もトークします↓



IMG (2)

























是非、ご高覧ください。












IMG_4680_2016083110084328d.jpg



IMG_4679_20160831100841348.jpg


IMG_4677.jpg


IMG_4673.jpg


IMG_4672.jpg


IMG_4684_20160831101423bbd.jpg


IMG_4681_201608311014204bc.jpg


IMG_4678_2016083110142001e.jpg















制作工程です。








まず、小さなモノをざっと粘土で作ってみます。

IMG_4245_20160831160343293.jpg


次に、発泡スチロールで実際の大きさに彫ってみます。


IMG_4575_201608311603498b1.jpg


IMG_3867.jpg



IMG_3868.jpg


IMG_3869.jpg


IMG_3870.jpg

使う道具は包丁です。

IMG_3871.jpg


IMG_3866.jpg


IMG_3954.jpg


IMG_4402_20160831161814a02.jpg


こんなもんでいいでしょう。

IMG_3980_2016083116132841e.jpg











そして、







今度はいよいよ木にうつります。


樟です。これを彫っていきます。

IMG_4140.jpg




チェーンソーで大まかに切り出します。


IMG_4176_20160831162024d82.jpg


余分な所を取っていきます。

IMG_4177_201608311620268ac.jpg


このあたりまでは、数種類のグラインダー、チェーンソーで彫っています。

IMG_4178.jpg


だんだんと電動工具からはなれ、手道具で彫っていきます。

IMG_4179.jpg


粗彫りの時にいつも使う鑿。

田島家3代が誂えた代々の小信(コノブ)の作です。

祖父が千代鶴是秀に注文した鑿が2本混じってます。

IMG_4207.jpg



IMG_4206.jpg


制作中は横に倒したり、逆さにしたり色々ことをします。

IMG_4196_2016083116312728e.jpg


形が見えやすいように、白を塗りながら彫り進めていきます。

塗っては彫り、塗っては彫りの繰り返しです。

IMG_7396.jpg


IMG_4243.jpg



IMG_4244_20160831164337804.jpg



だいぶ出来てきました。手道具も小さな彫刻刀や、ヤスリになってきます。

13494885_1336210869737421_899746952356119816_n.jpg



13627110_1345465688811939_4775683842318274781_n.jpg



頭と腕は別材ですので取り外して作業する時もあります。


13631632_1348031931888648_7720354348404899917_n.jpg


13770412_1359544844070690_8964678524984493048_n.jpg


13707698_1359544850737356_5106093801139874679_n.jpg


顔の細部を彫っていきます。

12472498_1364583256900182_2452212236013069183_n.jpg


そろそろ頭と腕を接着します。


13938370_1372396839452157_6308365958360318842_n.jpg


接着前に細部の仕上げ。

13882251_1377407402284434_8415489868512464083_n.jpg



13907194_1377407385617769_3292369541636600428_n.jpg


くっつけて、肩や首周りをさらに彫ります。


13902582_1380421211983053_5457018827108544980_n.jpg








14088618_1387334577958383_7526729878946928563_n.jpg


13962486_1387334674625040_496754525654244835_n.jpg








そして、



完成。


























IMG_4676.jpg


小さな粘土を作ってから、ここまで8カ月かかりました。



IMG_4675_20160831101416ac6.jpg




IMG_4687_201608311018556be.jpg










IMG_4686_20160831101854e15.jpg



IMG_4685_201608311018533f9.jpg



IMG_4682_20160831101849504.jpg





IMG_4692.jpg



IMG_4691_2016083110205831c.jpg



IMG_4690_20160831102056a02.jpg



IMG_4689_20160831102054110.jpg



IMG_4688_20160831102053782.jpg




IMG_4697.jpg



IMG_4696.jpg



IMG_4695.jpg



IMG_4694.jpg



IMG_4693.jpg





IMG_4702.jpg



IMG_4701.jpg



IMG_4700.jpg



IMG_4699_2016083110250225e.jpg



IMG_4698.jpg



IMG_4703.jpg



IMG_4704.jpg



IMG_4705.jpg



IMG_4706_201608311027302a6.jpg














9月14日から9月26日まで。

東京の六本木、国立新美術館。

新制作展にての展示です。






ご高覧下されば幸いです。

よろしくお願いいたします。











タイトルの 『 Forgetful 』 は Chet Baker の、この演奏からとりました。







以前から魅かれている曲で

彫っている最中、ずいぶんと聴いていました。


今回の彫刻は

なんとなくですが、この歌詞の中の女性をイメージしています。


lately
you've been so forgetful
a kind of a stop and go forgetfulness
that bothers me

kisses
i once had a netful
but you've been forgetful
and i'm never kissed
and it bothers me

romance
never any romance
no chance
and it bothers me

and someday
when you are regretful
you'll wish you had tried much less forgetfulness
you'll be upset

and forgetful
won't be able
to forget



続きを読む
  1. 2016/09/13(火) 19:41:20|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ