シド工日記 (しどこうにっき)

彫刻家田島享央己の文句と御託です。

本の表紙になりました。


IMG_7948.jpg


文藝春秋という超大手出版社から刊行される、 ロベルトからの手紙 の表紙カバーの木彫を拵えました。

内田洋子さんという講談社エッセイ賞と日本エッセイスト・クラブ賞をダブル受賞した、”どメジャー”な方の最新作です。


天下の文藝春秋+史上初ダブル受賞作家の先生+在野の在宅インディーズ貧乏彫刻家 という異色のコラボレーション。


全国の書店で8月9日発売です。



















内田洋子さんは、イタリアのミラノ在住です。



皆さんも、イタリアのミラノといったら、

『サイゼリヤのミラノ風ドリア』 くらいしか思い浮かばない方ばかりだと思います。






最初、内田洋子さんにお声をかけて頂いた時、

私の日常と、『ミラノ在住』というフレーズが余りにかけ離れていてボンヤリしてしまいました。












ちょっと興奮気味に家に帰って、妻にこう言いました。


























「ミラノ在住の有名な作家さんに表紙をやってくれと言われたぞ。

お前なんかミラノと言ったらサイゼリヤのミラノ風ドリアくらいしか知らないだろ。

この田舎者め。まぁあとは知っててカプリチョーザどまりでしょうな。あははは。」


















































「それは全部おどれの発想だろ。自分の人生だけでモノを言うな。」 

と言われました。





























よくよく考えると確かにそうです。取り乱してしまいました。














このブログに来て、読んでくださっている方々にも、



「サイゼリヤのミラノ風ドリア位しか知らない」




というレッテル貼りを冒頭にしてしまいました。






申し訳ございませんでした。











































IMG_7969.jpg



裏表紙にも小さく後ろ姿が。


IMG_7970.jpg




ちゃんと名前も載ってます。

IMG_7971.jpg





帯を外すとこんな感じ。  余白も完全に計算しているのがよくわかります。

隅々まで神経が行き届いた美しい装丁だと思います。

IMG_7972_20160801084132a38.jpg



IMG_7973.jpg




IMG_7975.jpg































内田洋子さんが、表紙作品を私に依頼した時の手紙が、あとがきにかえて掲載されています。


その手紙と内田洋子さんの他の著作、

そして、ロベルトからの手紙の「ゲラ刷り」を読んでから彫りました。




IMG_7976.jpg


読んで落涙しました。



悲しくなるのではなくて、なんか涙が出ました。

うまく言えませんが、夕陽を見て悲しくないのにホロッとくる感じというか。













上質のエッセイです。 是非読んでみてください。










































内田洋子さんからの「お題」は、羽の生えた足でした。



IMG_6910_20160801092639e88.jpg



これは、1歳半の娘の足がモデルです。









赤ちゃんの足のようで、大人のようで、子供のようで、男の足のようで、女のようで。

と、いうような感じに私はしたかったのです。




羽も足もリアルにしすぎず、ちょっとトンマで、ほんのりたどたどしく。

全体に可愛いような雰囲気をまとわせたかったのです。






樟の一木です。

高さは20㎝弱。


羽だけに透明水彩の白で着色しています。








IMG_7987.jpg



























■天下の文藝春秋刊行

■講談社エッセイ賞と日本エッセイスト・クラブ賞ダブル受賞作家

■内容が非常に良い 






と、いう要素がこの本にはあります。























これは、


売れなかった場合、



確実に私のせいになります。




























私を推した『内田先生の御乱心』ということで片づけられてしまうでしょう。

田島なにがしは駄目という回覧板が業界でまわります。

表紙の依頼は金輪際こないでしょう。



そして、急遽、帯がもの凄く太くなると思います。




これ帯?カバー?くらいの、もの凄い太い帯になるのです。




皆さんは書店で、もの凄い太い帯に変更になったこの本を見ることになります。




皆さんが買わなかったからです。

ミラノと言ったらサイゼリヤのミラノ風ドリア位しか知らない皆さんのせいです。







別に責めはしませんが、この事だけはずっと胸に刻みこんでください。



そして、近くの川で顔を上げずスーっと海の方へ流れていく水練の達人を見たら、

それは私ですので

その時はよろしくお願いいたします。


























IMG_7988.jpg



今日も来てくれてありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/01(月) 11:23:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彫刻の絵本

結婚したての頃、カネが無くて


「そうだ!絵本を作ればいいんじゃない。彫刻を使って作ろう!

そして、出版からの大ヒット。

もうお前はあくせく働かなくていいんだよぉ。

日がな一日、お庭のお花の手入れでもしていればいいんだよ!

みんなで、ホカホカホカホカ楽しく暮らそうよ!」




と、言いながら

何日もかけて彫ったものです。

そして、ご存じのように42歳になった今でも、キッチリ潜伏しておりますので、

妻はお花の手入れが出来ないでいますし、お庭もありません。




一場面、一場面、全て、違う作品です。

同じモノを使えば良いのに、当時の僕は非常にとんがっていましたので、

この効果が薄い無駄な事をグイグイやる馬鹿さがありました。


今読むと、ギャグがちょっと甘いなぁと思いますが、














ちょっくら、読んでみてくださいまし。


















IMG_3918.jpg


















IMG_3920.jpg












IMG_3921.jpg












IMG_3922.jpg













IMG_3923.jpg













IMG_3924.jpg













IMG_3925.jpg













IMG_3926.jpg













IMG_3928.jpg













IMG_3929.jpg













IMG_3930.jpg













IMG_3931.jpg













IMG_3932.jpg













IMG_3933.jpg













IMG_3934.jpg













IMG_3935.jpg













IMG_3936.jpg













IMG_3937.jpg













IMG_3938.jpg













IMG_3939.jpg













IMG_3940.jpg













IMG_3941.jpg


























































使用した作品。

RIMG0207.jpg















この作品は、もう手元には1個も残っていません。








アトリエで作業している事が、たとえ100円でも

お金に変わらないと不安でしかたがなかった時期です。











(あんたは、ただただ木を削って小さくしているだけ。と、妻に言われていました。)











少しでもと思い、檀家の皆さんに

お値打ち価格で買ってもらいました。




















今、あらためて見てみると、

ずいぶんウブな彫り方をしていて、キュンとなります。





プロットも、比較的上品です。

狂ってない。


あえての全編無表情、無着色のストロングスタイルなところに、

芸人ロマンと若さを感じて、本当に恥ずかしいです。




























「ねこさらっちゃった」 

から15年。







描いた絵本が→ 「ねえおじさん、ねこおじさん。











ねこおじさんの評判は、一部の酔狂者、および檀家の皆さんのごく一部 には、凄くよいです。
















ですから、






















出版からの大ヒット。

みんなで、ホカホカホカホカ楽しく暮らすんだよ~!




と、いうワケには

まだまだいかないようです。






















また何か描いてみます。


























今、うっすら構想しているのが、





















































「ねこおじさん2~怒りの代理戦争~」 です。


























今日も来てくれてありがとうございました。
  1. 2016/04/03(日) 15:05:36|
  2. よもやま噺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

展覧会のお知らせ

この作品を出品します。

 作品タイトルは Left alone ←詳しくはコチラをクリック

IMG_2527_20160330104045a87.jpg


木彫。

等身大です。


千葉県立美術館にて開催される歩会彫刻展に展示されます。

硬派な彫刻家が集まった、40年も続く歴史ある展覧会です。




IMG_20160330105750cad.jpg



昨年秋の新制作展出品作品ですが、

見逃してしまって口惜しくて夜しか眠れない方

チャンスですので、散歩がてらにぷらっとご高覧くだされば幸いです。

近くに、

「あぁなんか、千葉まで来ちゃったなぁ…。」 「そうね…。」  で、お馴染みの名所。千葉ポートタワーもありますし、

美術館の常設収蔵作品はとっても良いです。











などと、呑気に言えない位に行きにくい所にありますが

「電車賃使ってまで来るんじゃなかった」

などと、嫌な心持ちになることは無いはずです…無いんじゃないかな…。ま、ちょっと覚悟はしておけ。













などと、先日銀座で開催したグループ展で言ったら、

本当に私の檀家さんだけポッカリ誰も来なくて

「皆さん素直に言う事を聞き過ぎぃ~!」

と、ジャーマンスープレックスホールドの様にのけ反ってしまいましたので

素直に今から言いますから、皆様におかれましては耳の穴かっぽじいてよく聞いてくだされば幸いです。






ご高覧下さい。(深く深く頭を下げる。目に涙を浮かべながら。)







4/30(土)は

13時30分から"作家によるギャラリートーク"もあります。

私もトークします。

娘が急に熱を出し保育園から妻に電話がかかってきて、





「あんた、ギャラリートーク休んで迎えに行けるよね?」

と、優しくドスのきいた声で言われたら行きません。







私も学生時代、ピンポンと切手集めとホットヨガと銀杏拾いと墓参りをやっていましたから、

精神肉体共に強靭ですが、お客様が少ない&ギャラリートークで誰も質問してくれない と

流石に堪えますし、シャケの量も増えます。




静かな会場で1人、腐ったハマグリの様にパカッと口を開けて居りますと


「俺の様なモノなんかお袋から産まれてこないで木の又からでも産まれてくれば良かったんだ」

と、深く思い悩み、ツーっと落涙。そのあと爆笑。






こういうオジサンが会場の角で膝をペロペロ舐めながら

「しょっぱいなぁ。」

と、独り言を言いながらお待ちしているので

お気軽に話し掛けてくださいね。











第42回 歩会彫刻展

4/26(火)〜5/8(日)

千葉県立美術館 10:00〜16:30入場無料

※5/2(月)のみ休館

ギャラリートーク 4/30(土)13:30〜


■電車・モノレールでお越しの場合

  JR京葉線・千葉都市モノレール 「千葉みなと駅」 下車 トホ10分 トホホで15分

■JR総武線 「千葉駅」 から バスをご利用の場合

  千葉駅西口 26番のりば 千葉みなとループバス タワーコース 千葉ポートタワー行き
   「千葉みなとリハビリ病院」 下車 トホ3分 トホホで5分
 









ひとつよしなに。









  1. 2016/04/02(土) 09:00:00|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

展覧会のお知らせ

YEAR END EXHIBITION OF MINI SCULPTURES

12月7日(月)~22日(火) 11:00~18:30 日曜休廊 最終日17:00まで



現代彫刻の直球ど真ん中を行く名門画廊でお馴染みのギャラリーせいほうにて開催される

年末の恒例行事にお呼ばれしたので出品します。

IMG_201511191008226cd.jpg








本格派の有名な先生方が大勢出品するでお馴染みの小品展ですので、

私のような在野でインディーズの在宅彫刻屋の小物芸人を招待して頂いちゃって誠に恐縮しております。










IMG_0001_20151119100824a79.jpg








せいほうmap





















1人1点、20㎝くらいの大きさ が出品規定。





迂闊にアチャラカをやると、なんか怒られそうなので

今回は堅いモチーフで行かせてもらいます。










テッツィアーノ、ドラクロア、ミケランジェロ等々が、

モチーフに制作したでお馴染みのピエタです。






ピエタというのは、

イタリア語で哀れみ慈悲などの意味で、

古来から多くの芸術家が制作した画題の一つです。


キリストの遺体を膝に抱いて悲しむ聖母マリアの図像です。















有名なサンピエトロのピエタ。ミケランジェロ作 ↓
ミケランジェロ




































































CBVE8431.jpg
























HLQN0257.jpg


















UGNI0215.jpg













なぜこうなったのか、内面的経緯を説明します。





























まず、

マリア様がどうにもこうにも悲しそうなので、イカとしました。


イカがキリストを抱いているなんて、凄く変ですのでパンダにしました。



イカピエタになりました。































EMMK2013.jpg














以上、

このような 「作家の芸術的思索」 の推移があるので、

アチャラカではありません。


















































私は在廊しませんし、年末の貴重な時間と電車賃を使わせて

この小さな作品のみを見せられても、怨みしか生まないと思いますので

「ご高覧下されば幸いです」などと

すっとぼけた事なんか口が裂けても言えませんがご高覧下さい。






角は一流デパートで紅白粉つけたお姉さんにクダサイチョウダイ頂きますと

10万や20万はくだらない品物ですが、

今回は普段お世話になっております檀家の皆様への特別サービスとして破格なお値段でお願いしております。


本来なら無料で差し上げたいところですが、そりゃ私だって商売です。

家に帰れば女房子供がお腹を空かして待っています。

昔の仙人じゃあるまいし霞の中からスーッと出てきてこんなことをしているわけじゃありません。

本来ならこんなお安いお値段でお願いできるもんじゃないが、

こっちにも差し迫った事情 (頼むからカタギになっておくれ等々の圧力) があります。

浅野匠頭じゃないが腹切ったつもりでお出ししておりますので、銀座を散歩がてらにちょっくらのぞきに来てくださいまし。

「このクソ忙しい最中、電車賃使ってまで来るんじゃなかった」

などと、

嫌な心持ちになることは無いはずです…無いんじゃないかな…。ま、ちょっと覚悟はしておけ。

などと、

先日のグループ展でさだまさし風に言ったら、本当に僕のお客さんだけポッカリ誰も来なくて

「皆さん素直に言う事を聞き過ぎぃ!」

と、ジャーマンスープレックスホールドの様にのけ反ってしまいましたので、

素直に今から言いますので、皆様におかれましては、よく聞いてくだされば幸いです。

ご高覧下さい。

もしも、もしも、出来るコトでしたらば、イカピエタを購入してくださいませませ。

(深く深く頭を下げる。目に涙を浮かべながら。)







ここ数年、色々なグループ展にお呼ばれして出品していますが

会期中にほとんど売れたことがありません。

その度に「なんて人気がないんだ」と荒れ、浴びる様にオレンジジュースを飲んでいるのです。



会場に入り、他の先生の作品は軒並み赤丸(売約済み)が。

イカピエタだけ赤丸が付いてない状態を想像するだに、シャケの量が増えます。

わたくしも、学生時代、切手集めとホットヨガをやっていましたから

精神肉体共に強靭ですが、小鳥を追いかけて森で迷子になるくらいの繊細さも持ち合わせております。

そこのところをよくご理解の上、ご高覧くだされば幸いです。



来場してくださり、現物を見て購入を迷っている方は、

一旦外へ出て、頭を強く2回鈍器で殴ってから再入場してくだされば全然大丈夫です。

だいたい、わたくしの作品を購入する皆さんは、微笑みをたたえながら血だらけで「コレクダサイ」と言ってきます。


イカピエタが欲しいけれど、会場に行けない方は画廊に電話してください。 


もちろん電話をかける前に、受話器で2回思い切り眉間を殴って判断力を鈍らせてからかけるのを忘れないでください。






























HPEM1962.jpg





















裏にはしっかりサインも入っております。


ATDQ6750.jpg









「あら珍しい。名前と一緒に絵も描くようになったのかい。」


と、妻は言いますが


LWHJ6423.jpg




この絵は、わたくしが 「2015」 と書こうとして

うっかり 0 (ゼロ) を一個多く書いてしまったのです。


普段は、西暦なぞ入れませんが、つい格好つけたくなっちゃったのです。




200  と書いてしばし呆然となります。 















どうごまかすか。



















「200万円ください」 しか思いつかないので、どうしようもなくなってしまいました。


























ですが、ここからがわたくしの偉い所です。


2 の所を腕に、0 0 の所を、目にして

いかにも昔からこのキャラクターがトレードマークですけど?なにか?

と、いうような感じを出すことで見事に解決しました。



線に逡巡があって、非常に味わい深いサインとなっております。










































































































先日、タンスにこのような物がクシャクシャになって入っていました。
























































AGFC0907.jpg







































「よだれかけのフリルが気に入らないから取った」

「白ブリーフが西友で安売りしていたので買った」

「フリルはもったいないから縫いつけた」

「マジックで名前書いといた」

「かわいい娘のよだれかけに付いていたフリルがそんなに嫌か」









妻にワケを聞くと、

このような事を言ってきます。











風の強い日に干すとも言ってきます。














逆らえば、首根っこ掴まれて重機で掘った墓穴に連れて行かれ

「入れ。履いたままな。(高笑い)」

と、言われるので黙って履きます。

































イカピエタが売れたら、新しいパンツを買いたいです。
















フリルの付いていない、白ブリーフではない、新しい普通のトランクスのパンツを買いたいん です。













どうかひとつ、気に入ったらで良いので、人助けと思ってイカピエタを買ってください。




彫刻作品は高いと思うかもしれませんが、1日コーヒー1杯飲むお金だと思えばとってもお得な買い物だと思います。



作る側から言うと

『刑務作業の時給並み』

のお値段でお出ししております。













































「イカピエタなんていらないや。でも、見るだけ見とくか。」




と、最終日に行かれるお客様におかれましては

イカピエタが売れ残っているのを確認後、それを深く深く胸に刻み込み、帰路についてください。








































フリル付きの白ブリーフを履いて、近くの川で息継ぎ無しで延々と海の方に流れていく水練の達人がいたら、

それは私ですので、その時はよろしくお願いいたします。















































イカピエタ











今日も来てくれてありがとうございました。


続きを読む
  1. 2015/11/21(土) 09:25:00|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展覧会のお知らせ

タイトルは  『 Left alone』


新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 1




木彫(クスノキ)の等身大です。 

新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 2




モデルなしで彫りました。

新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 3


作品タイトルの 『Left alone』 は、ジャズのスタンダードから。




"取り残され一人きり"

"独りぼっちになる"

"放っておかれる"

などの意味です。


新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 4




乃木坂駅よりトホで3分、トホホで5分でお馴染みの国立新美術館にて、

開催される新制作展に展示されます。


新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 5





私のような在野でインディーズの売れない在宅彫刻家の事なんて

美術界に詳しいと自負する人達のなかでも

「キイタコトガナイ、ダレダソレ、バカカ。」

と、いう人ばかりだと思いますが、

美術界の「フチ」にかろうじて手をかけている者ですので、

どうかご存知のない方は、これを機会に覚えていただけると嬉しいです。






ご高覧くださいまし。

新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 6






よろしくお願い致します。


第79回新制作展

国立新美術館
 
  東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札6番出口 (美術館直結)
  
  都営大江戸線 六本木駅 7番出口からトホで4分、トホホで6分
  
  東京メトロ日比谷線 六本木駅 4A番出口からトホで5分、トホホで7分



■9月16日〜 9月28日
 10:00~18:00
 入場17:30まで

■金曜土曜夜間開館 20:00終了
  (入場19:30まで)

■最終日9/28(月) 
 14:00終了 (入場13:00まで)

■会期中無休

■一般800円 学生・65歳以上無料




79回新制作展


































 制作工程を少し。



まず、小さいモノを粘土で作ります。







そして、実際の大きさで作ってみます。 発泡スチロールを包丁で彫っていきます。











大まかに切った幾つかの材を組んでいきます。

IMG_1006.jpg


さっと、粗彫り。

IMG_1274.jpg




だいぶ形が出て来ました。

IMG_2131_201508200954054e1.jpg











この辺りまで、ほぼ数種類のチェーンソーとグラインダー、ヤスリだけで彫っています。

IMG_1630.jpg




今回、カービング専用チェーンソーのすごくいいやつを

「仕事の効率化のためだから仕事の効率化のためだから」

と、いうお題目を唱えながら購入。

アトリエにチェーンソー7台目。どんどん狭くなって効率悪い。




そして、




見つけ次第

「もう二度とないからもう二度とないから」 のお題目を唱えながら買うでお馴染みの往年の名機

『新ダイワペッカーA-400』 三機目入手。 






デッドストックのモノを二束三文で手に入れたので

「これは鑑賞用だよね」

と、キャッキャッしながら並べて写真撮影。

妻、薄ら笑いを浮かべながら下賤な物を見るかのような冷やかな目線。

嘲りの対象として見る時のあのなんとも言えない顔をしていたので、

ハトのように平和でお馴染みの私も流石にカチンときてしまい

「パワーポイントの事を力仕事だと思っていたクセになんだ!」

と、言ったのを皮切りに内部抗争へと発展。

どこに出しても恥ずかしくない恥ずかしい話。











































髪型をショートカットから、材を接いでアップスタイルに変更しました。

IMG_1627.jpg















ここまでは、割とすぐ出来ちゃいます。

ここから先が「茨の道」。

アアデモナイコウデモナイと、ノイローゼ寸前まで仕事をしていきます。

それが結構楽しいんですが。

IMG_1625.jpg




少し細かく彫ります。











鑿や彫刻刀などの手道具を使って、さらに細部を彫っていきます。

形を見えやすくするために白く塗りながら。



























手道具は、だいたいこの位使います。









初代から当代までの代々の小信、宗意、ハイス鋼の道刃物工業、

光雲、無銘の安物、清忠、千代鶴是秀、

骨董市やリサイクルショップで二束三文で購入した古いモノ、等々。




祖父の代から使っているモノは、チビてしまっています。

ですが、全て使いやすいです。























制作途中で、こんな道具も手に入れて使いました。



玄翁です。

高価です。 柄をすげて鑿のお尻を叩くものです。

鑿のお尻をひっ叩くだけのモノですが、出来の良い抽象彫刻が霞んで見える位、パリッとした美しさがあります。


「トンカチの頭だけでそんな値段するのかい⁉︎」


と、岩で出来た平家蟹の様な顔で恫喝してきた妻に、


「彫刻家朝倉文夫愛用千代鶴是秀作木彫用ダルマ玄翁長運写し相田浩樹作八十匁三軒茶屋土田刃物店購入!」


と、寿限無のように唱えたら腐ったハマグリの様にパカッと口をあけて黙ってくれました。


効き目のある呪文を修得した。








IMG_2587.jpg


















































私はモノ凄く馬鹿 (ロイヤルストレートバカ) なので、

このくらい仕事が詰まってくると、

うっかりウットリしてしまいます。




ですから、妻に作品をボロクソに貶してもらいます。

図星な事をズケズケと言われるので、カチンときます。


しかし、怒りをグッとこらえ、その晩は、浴びる様にオレンジジュースを飲みます。


からすカァで夜が明けて、

昨日の罵倒された事を思い出し、涙目になったところで作品を観察し

ダメな所をひたすら直すという 『変態行為』 を続けるのです。


私の「冷静な目」とは「涙目」の事なのです。
















昔、ある万引き主婦が、こんな良い事を言っていました。




「彫刻に独創はいらない。ただ生命がいる。」


続けて、



「辛抱せよ!インスピレーションを頼みにするな。

芸術家になるための資格は 知恵、思慮と誠意、そして意思だけだ。

正直な労働者のように ただ、お前の仕事をやり遂げよ。」


























まあまあ出来てきました。





さらにネバって、




このくらい。





すごい時間がかかってしまいました。

























こんな長い期間、一つの作品をやっていると、

自分の 「考え」 が制作中のモノを追い越して

遥か彼方へと進んでしまいます。 

木彫はヨチヨチすすむので。

作品と自分の「考え」のギャプが凄いことになります。

そして、嫌になり仕方なく「完成」とするのです。





IMG_2526.jpg











IMG_2527.jpg








昔、通りがかりの万引き主婦がこんな良いことを言っていました。




「作品も進むが、作者のヴィジョンはさらに先へ進み、

作品と作者の開きはますます大きくなる。制作は決して終らない。

中断された失敗作のみが残る。完成された作品はできない。」



新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 7


新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 8


新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 9


新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 10










当ウェブサイトでの作品写真や、ふざけた屋号、くだらない冗長な文章でご想像がつくと思いますが、

私は長い間売れずにヒネくれてしまった、何処にでも居るようなおじさんです。


芸術大学を卒業し、彫刻しか出来ない輩を世間は何処も相手にはしてくれませんので仕方なく彫刻家に。

仏師の流れをくむ彫刻一家にたまたま生まれ、私自身は5代目の彫刻家です。

祖父と父は、家アトリエを建てたほど売れた人ですが、当代の私はご存知の通り見る影もありません。

この広い世の中には、私なんかよりも、何倍も上手で、綺麗で、見やすく、感じが良く、清潔感に溢れ、才能豊富で、

ふざけた事も言わず、素直で、作者の人柄もよく、容姿も端麗で、

芸術家らしいムードをキチンと備えている魅力的な彫刻家が沢山いると思います。


そんな中から、

産まれたばかりの娘を抱きながら、さだまさしの『雨宿り』を聴いて号泣する私のような地下芸人のブログを読んで頂き、

国立新美術館に足を運んで下さるのなら、それは奇跡だと思います。




新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 11


新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 12









私は会場に詰めていませんし、

貴重な時間と電車賃、入場料をつかわせて、この1点のみを見せられても

"怨み"しか生まないと思いますので、「ご高覧下されば幸いです」などと、

すっとぼけた事なんか口が裂けても言えませんがご高覧下さい。(深く深く頭を下げる。目に涙を浮かべながら。)

新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 13


新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 14



9月18日からは、かの有名なニキド・サンファル展も開催しております。

こちらを本命、私のしんこ細工は「武士の情け」として見て頂ければ、腹も立たないはずです。


新制作協会 新制作 彫刻 木彫 田島享央己 15













どうかひとつ、よろしくお願いいたします。






















今日も来てくれてありがとうございました。 続きを読む
  1. 2015/09/15(火) 21:05:00|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ